神田技研、戦艦三笠に乗り込む博物館展示作品「VR日本海海戦」GW公開を目指して開発中 

LINEで送る
Pocket

mikasa
神田技研と三笠保存会は、VR装置で動作する博物館展示作品「バーチャルリアリティ日本海海戦」を開発中であると発表した。体験者は、日露戦争で活躍した戦艦「三笠」に乗り込む。東郷平八郎や秋山真之と同じ視点で、大海原において「バルチック艦隊」と雌雄を決する歴史的瞬間を追体験できる。

 
「バーチャルリアリティ日本海海戦」は、三笠保存会によるプロデュースと歴史監修のもとで史実に忠実な再現が行われており、神田技研による「VR戦艦大和」(関連記事)で培われた技術を用いて製作。明治時代にタイムスリップしたかのような世界を再現する。

 
記念艦三笠で今年のゴールデンウィークの公開を目指し、以降常設展示となる予定だ。歴史的モニュメントにおいて、VR技術によって歴史転換の瞬間を体感する、世界でも新しい試みとなる。

 
書籍や映像ではわからなかった、日本海海戦の経緯や明治の日本人の敢闘を「体験」によって理解できる作品を目指したいとしている。

 
●関連リンク
神田技研 ウェブサイト

LINEで送る
Pocket