ドワンゴ、N高入学式にHoloLensを使用 1対多人数シェア機能「DAHLES(ダレス)」開発

LINEで送る
Pocket

dahles_nkou
ドワンゴは、Microsoft HoloLensを利用し、教育・セミナー・ライブイベントなどに特化した同期コンテンツ配信システム「DAHLES(ダレス)」を開発したと発表した。導入第1弾として、4月5日にニコファーレで行われる角川ドワンゴ学園N高等学校の入学式で活用する予定。

 
「DAHLES(ダレス:Dwango Advanced HoloLive Education System)」では、HoloLensが標準で提供するシェアリング機能にはない「1対多人数型」で、多人数利用に特化した独自の制御を行うことで、多人数での空間共有を安定的に行える。これにより、特に教育分野において、学校の教室といった場で大人数の生徒たちが一斉にMR体験が共有できるため、これまで導入が難しかった立体模型を活用した授業などもデータの追加だけで手軽に実施できるようになる。

 
また、一般的なVRゴーグルと異なり、視界を遮らないHoloLensは、装着中に3D映像の授業を体感しながらノートを取ることも可能だ。また、リアルタイムの遠隔授業やその模様を記録しておくことにより、教室という実空間による「タイムシフト授業」など、対面教育と追伸教育の両者のメリットが活きる新しい教育の形を生み出している。

 
「DAHLES」導入第1弾となるN高入学式では、新入生がHoloLensを装着して式典会場に入場。遠隔地にいる教職員や来賓を3Dで映し出し、同じ空間で本人の前でスピーチしているかのような視聴体験を提供する。当日の模様はニコニコ生放送にて中継予定だ。

 

 
今後は、4月に東京と大阪に開校するN高の通学コースの拠点間の遠隔授業(東京での講義を大阪で聴講するなど)を行うなど、教育現場から順次活用していくとしている。

 
●関連リンク

ドワンゴ ウェブサイト

LINEで送る
Pocket