MdN「VRコンテンツ開発ガイド 2017」5/16発売 5名の著者によるテクニカルバイブル

LINEで送る
Pocket

mdn_vrcontents2017
エムディエヌコーポレーションは、5月16日に単行本「VRコンテンツ開発ガイド 2017」を発売する。価格は2808円(税込)。VR技術の最前線で活躍する5名を著者に迎えたVRコンテンツ開発に活用できる実用書となっている。

 
本の内容と参加している著者は以下の通り。

 
●VRコンテンツ開発ガイド 2017 内容・参加著者
近代VRの基礎知識
著者:西川善司
テクニカルジャーナリスト。高校時代からパソコン誌へのプログラムの寄稿、商業ゲームソフトの移植業務を受託。その後、日立製作所を経て記者業務に転向。ゲーム開発技術以外に、映像技術、自動車技術にもフォーカスした取材を行っている。

 
VRソフト開発環境の概況とヘッドセット別開発手法
著者:古林克臣(ハシラス 最高技術責任者/CTO)
Unity・UE4エンジニア。CTOを務めるVRコンテンツ制作会社のハシラスでは、主にHTC VIVEを使用したVRアトラクションを制作。「ソロモン・カーペット」や「Hashilus」新バージョンなどの制作に関わる。また「フレームシンセシス」という個人活動名でも多数のVRコンテンツを制作し、VR体験会などで精力的に作品の出展を行っている。

 
実例にもとづく最新ハードウェア向けソフトウェア開発
著者:野生の男(Hydrangea)
同人ゲームサークル「Hydrangea」を2013年に立ち上げ、同年のコミックマーケットにて日本初のフルVRゲーム「Perilous Dimension(現「BLAST BUSTER」)」を展示・頒布。2014年には「BLAST BUSTER」が「窓の杜ゲーム大賞」を受賞。昨年「BitSummit 4th」「Unity VR Expo AKIBA」で第2作目となる「The Gunner of Dragoon」がアワードを受賞。本職は2015年までVRどころかゲームと関係のないソフトウェア開発会社に島根県で勤務していたが、昨年から上京しゲーム会社にてVRエンジニアを務める。

 
VR用パノラマ動画のUnity実装
著者:izm(フォージビジョン VR事業部 リードエンジニア)
愛知の製造業の会社でR&Dエンジニアとして勤務しながら、趣味のVRコンテンツ開発を数年行う。昨年1月よりVRに関われる現職のフォージビジョンに転職。現在はOculus Rift、HTC VIVE、PlayStation VR向けVRコンテンツ開発を主業務としている。「座間味ロケットジャンプ」をはじめ、パノラマ動画コンテンツを複数手がけている。

 
WebVRコンテンツの開発手法
著者:比留間和也
VRエンジニア/Unityエンジニア。Webエンジニア、iOSエンジニアを経験したのち、趣味のVRコンテンツ開発が高じてVR開発をメインとした活動を開始。現在はOculus Rift、HTCVive向けVRコンテンツ開発を主業務としている。VRコンテンツはゲームを主体とし、ニコニコ生放送などで利用される「複数参加型」のものを多く開発中。

 
現在のVR事情を深く知る5名の著者によるVRコンテンツのテクニカルバイブル。VRコンテンツ開発に携わっている人や、これから開発者を目指したい人は必読だ。

 

 
●VRコンテンツ開発ガイド 2017
・発売日:5月16日
・価格:2808円(税込)
・発売元:エムディエヌコーポレーション

 
●関連リンク
VRコンテンツ開発ガイド 2017 購入ページ(Amazon.co.jp)
MdN ウェブサイト

LINEで送る
Pocket