デジタルコンテンツ協会、「没入型映像システムに関する戦略策定報告書」公開 3つの提言とは

LINEで送る
Pocket

dcaj_logo
デジタルコンテンツ協会(DCAJ)は、機械システム振興協会から2016年度事業として受託し成果をまとめた「ヘッドマウントディスプレイを中心とした没入型映像システムに関する戦略策定報告書」を公開した。

 
「VR元年」と呼ばれた昨年は、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を中心とした没入型の映像体験システムが話題となり、相次いで製品版デバイスが発売された。こうした没入型映像システムは、提示された映像空間にあたかも体験者自身が存在するような高い実在感に加え、映像空間内を移動しているような感覚が得られる。この再現力は、映像のみならず産業用にも新たな多くの利用可能性を生み出すものと期待されるが、人体への負荷など「負の影響」も懸念されている。

 
この事業では、ヘッドマウントディスプレイを中心とした「没入型映像システム」という「新しい分野」における「新しい技術」を、どのように社会システムに組み込んでいくかについて検討することを目的に「HMD戦略策定委員会」を設置。委員会において、没入感の要素とその手段の分析・整理や相関性の検証し、その結果を求められる要件としてまとめている。

 
また産業分野での応用の可能性について、委員会メンバー以外の19社に対するヒアリングを行い、本格普及のためには、HMDの性能/価格改善、利用者の安全確保など、解決すべき多くの課題があることを認識するに至った。報告書では、これらの成果を統合する形で、新たな産業領域での利活用を念頭に、3つの提言としてまとめている。

 
●戦略提言
【提言1 中期的な時間軸でのシナリオ策定と可視化】
2016年は「VR元年」と呼称され、国内外で一種のブーム現象が生じている。一方で、フィールドにおいては、没入型映像の新規性は十分に認識されているものの、ブーム現象の沈静と、その後の普及を見据えた取り組みの重要性が指摘されている。没入型映像を、一過性のブームではなく、産業分野での利活用を定着・拡大していくために3~5か年の中期的な時間軸でシナリオを策定・可視化する取り組みが必要である。

 
【提言2 シナリオを具体化するための戦略的な取り組み】
上記シナリオの精度を担保し、具体化するための戦略的な取り組みとして、以下2-1から2-7を提言する。

 
・提言2-1 継続的なコンテンツの分析と事例の蓄積
・提言2-2 数値的な枠組みに関する知見の共有
・提言2-3 ユーザ体験の評価指標の選定と標準化
・提言2-4 環境因子によるユーザ体験への影響の検討
・提言2-5 個人差を考慮したコンテンツ制作と利活用
・提言2-6 用途や場面に応じた呈示システムの最適化
・提言2-7 ユーザ体験の品質に関する基準の策定

 
【提言3 センス・オブ・プレゼンスへのアプローチ】
没入型映像において、視覚情報によって身体の移動感覚を引き起こすベクションは、臨場感の生起に深い関わりがある。一方、視覚からの運動情報と、静止している身体からの体性感覚とのずれは、没入型映像における不快感を生起する主な要因として考えられている。日常生活における感覚統合の観点から、このずれは感覚不一致と呼称されるが、積極・消極のいずれの体験にも関与していることから、没入型映像の安全性と快適性を1つの枠組みで扱うのに適した概念といえる。

 
安全性と快適性を1つの枠組みで扱うことが可能な概念は、没入型映像の制作・利活用のアプローチとして、重要な枠組みと考えられる。換言すれば、感覚不一致を「戦略的」に捉え、扱うことが、その品質を維持・向上させる枠組みになり得ると考えられる。センス・オブ・プレゼンスを目指すためのアプローチとして、感覚不一致を理解・活用していくことの必要性を、ここで強調しておきたい。

 
したがって今後は、没入型映像のセンス・オブ・プレゼンスへのアプローチを、感覚不一致を基準とした枠組みとして活用していくための、ノウハウの共有やツール化といった取り組みが必要である。

 
 
「ヘッドマウントディスプレイを中心とした没入型映像システムに関する戦略策定報告書」の全文は、デジタルコンテンツ協会(DCAJ)ウェブサイトにて全文が掲載されている。かなり詳細な内容となっているので、興味がある人はぜひ目を通しておこう。

 
●関連リンク
デジタルコンテンツ協会(DCAJ)ウェブサイト 「ヘッドマウントディスプレイを中心とした没入型映像システムに関する戦略策定」報告書について

 
 
※当サイトでは「ヘッドマウントディスプレイ(HMD)」を「ゴーグル」として統一表記するよう心がけているが、本記事は情報提供元の表記に従い「ヘッドマウントディスプレイ(HMD)」と表記している。

LINEで送る
Pocket