グランゼーラ、「I-O DATAフェア」にて「絶体絶命都市4Plus PSVR DEMO」を東京初披露

LINEで送る
Pocket

石川県のゲーム開発会社、グランゼーラは4月15、16日に東京・ベルサール秋葉原にて開催されるアイ・オー・データ機器のイベント「I-O DATAフェア2017」に協力して、「絶体絶命都市4Plus PSVR DEMO」を出展すると発表した。

 
「絶体絶命都市4Plus」は大地震が起き崩壊する町から脱出するサバイバルアドベンチャー。旧作3作はEIZO子会社のアイレムソフトウェアエンジニアリングが開発していたが、その後同社ゲーム開発スタッフが独立しグランゼーラを設立、現在はアイレムからIPを獲得してグランゼーラが開発を行っている。「絶体絶命都市4Plus PSVR DEMO」は、PlayStation VR対応のPlayStation 4用アクションアドベンチャーとして開発されており、1月に配信が予定されていたが、現時点ではリリースの目途が立っていない。東京近郊で体験できるのは今回のイベントが初めてとなる。体験は「ゲーム録画&実況体験コーナー」で行う。なお試遊台は1台とのこと。

 
「I-O DATAフェア」は同社の商品を展示体験できるイベントで、ゲーム実況向けのキャプチャーシステムやゲーミングディスプレイ、PCレスのCDリッピング機「CDレコ」などが出展される、また、「絶体絶命都市4+ PSVR DEMO」とは別にAV機器&体験コーナーも用意されている。また、ステージイベントには矢井田瞳さん(15日)、つるの剛士さん(16日)も登場する。ちなみにアイ・オー・データも石川県の会社である。

 
●I-O DATAフェアイベント詳細
開催日:4月15日 13:00~18:00。4月16日 10:00~17:00
場所:ベルサール秋葉原 1Fホール&イベントスペース

 
 
●関連リンク
グランゼーラ
「絶体絶命都市」公式サイト
アイ・オー・データ機器
I-O DATAフェア 2017

LINEで送る
Pocket