360Channel、熊本地震の1年を振り返る360度ドキュメンタリー動画を公開

LINEで送る
Pocket


コロプラ子会社が運営する360度動画専用配信サービス「360Channel」は、チャンネル「VR 熊本地震 震災からの1年」を開設した。震災発生から1年となる熊本をテーマにした360度動画を配信している。

 
360Channelは、震災発生から約10日後の熊本県内各地を360度カメラで取材しており、震災から約1年が経過した今年3月末に再び同じ場所を訪れて撮影を行った。大規模な土砂崩れが起きて景観が一変した南阿蘇村や、壊滅的な被害を受けた益城町、西原村。阿蘇神社や熊本城など古くから熊本の人々に親しまれてきた文化財など、震災直後と現在の“この1年間で変わったこと”“これから変わっていくこと” を360度動画を通して見つめられる内容となっている。

 
尚、ナレーションには熊本県出身の声優・古川慎さんが起用されている。

 
●震災からの1年 阿蘇神社
阿蘇神社は国の重要文化財などが全壊し、復旧までおよそ6年の年月と17億円の資金がかかると言われている。この映像では、被災した阿蘇神社を支援しようと、復旧の過程を映像におさめ動画投稿サイトで発信している映像作家・中島昌彦氏を取材している。

 

 
●震災からの1年 西原村・益城町
西原村の坂田まゆみさんと、益城町で活動するボランティア・松岡亮太さんを取材。壊滅的な被害を受け、多くの人が仮設住宅に移り住んでいる状況の西原村で、新たにお店をオープンする道を選んだ坂田さんと、「震災から1年が経つ中で物資を配るのは被災者の自立を妨げる」という考え方が周囲にある中で、物資の配布を継続する松岡さん。2人の選択とその選択に込められた特別な「思い」とはどのようなものなのか。

●がまだせ熊本!
南阿蘇村出身で熊本弁の歌詞で曲作りをするシンガーのタイチジャングルさんは、東京を本拠地として活動しながら、震災発生の半年前にサッカーチームである「ロアッソ熊本」の応援歌「がまだせロアッソ!」を制作した。選手を励ますために作った曲だったが、震災後は選手だけでなく熊本全体を元気にしようと何度も熊本に通い歌っている。今回、3月末にロアッソ熊本のスタジアムの外で行われたライブを撮影。タイチジャングルさんと熊本の人たちが一体となって歌う「がまだせロアッソ!」とともに、熊本県内各地の震災直後と現在の映像が届けられる。「がまだす(がんばる)」熊本のいまを感じられる内容となっている。

●360Channel(サンロクマルチャンネル)
・提供サービス:360度動画の視聴(アーカイブ形式、一定期間後に削除)
・対応デバイス:Oculus Rift、Gear VR、PlayStation VR、PC、スマートフォン、タブレット端末
 ※デバイスによってコンテンツが視聴できない場合あり
・料金:無料

●関連リンク
iOS版 360Channel アプリダウンロードページ(App Store)
Android版 360Channel アプリダウンロードページ(Google Play)
VR 熊本地震 震災からの1年 チャンネルページ
360Channel ウェブサイト

LINEで送る
Pocket