HoloLensも手がけるMicrosoftのアレックス・キップマン、「de:code 2017」の基調講演に登壇

LINEで送る
Pocket

日本マイクロソフトは19日、5月23〜24日に東京都のザ・プリンス パークタワー東京にて開催する開発者向けイベント「de:code 2017」に、Microsoftのテクニカルフェローであるアレックス キップマン(Alex Kipman)が出演することを明らかにした。23日9時30分よりスタートする基調講演に登壇する。

 
同氏は、ジェスチャー・音声入力デバイス「Kinect」やMRゴーグル「HoloLens」といった製品で中心的な役割を担ってきた技術者だ。2011年には、雑誌「TIME」で「世界の100人」に選ばれたり、2016年2月のTEDにて「ホログラム時代の未来にあるもの」を講演するなど、話題を集めてきた。弊誌でも、ジャーナリスト・西田宗千佳氏によるインタビューを掲載している。

 
狙いは「民主化」 米MS、アレックス・キップマン氏に聞くWindows Holographic(前編)
HoloLensの視野角はなぜ狭い? 米MS、アレックス・キップマン氏に聞く「Windows Holographic」(後編)

 

 
 
●関連リンク
ニュースリリース
de:code 2017
HoloLens
日本マイクロソフト

LINEで送る
Pocket