スマホを位置追跡、HMDなしでVRゲームに参加 HTC、Vive Tracker用のサンプルを3種公開

LINEで送る
Pocket

19日、台HTCはVive Trackerのプロジェクトコードとチュートリアルをリリースした。Vive Trackerは周辺機器などに装着することで、VR空間で位置追跡が可能になるトラッキングシステムだ。価格は1万2500円(税込)で、日本では3月28日から販売している(関連ニュース)。

今回発表されたプロジェクトはMaster of Shapesが開発した「Mobile Room Scale」「Virtual Graffiti」とTwo Bit Circusが開発した「Piñata Party!」の3つだ。
 

「Mobile Room Scale」は銃型コントローラにスマホとVive Trackerを取り付けること
でHTC Viveを装着しなくてもVR空間の視点を再現できる。

「Virtual Graffiti」はスプレー缶にVive Trackerを取り付けることによってVR空間の壁にカラースプレーを用いたアートをすることができる。

「Piñata Party!」は子どもが目隠しをしながらくす玉を壊す「ピニャータ」という祭りをVRで再現したものだ。くす玉と木製バットにVive Trackerを取り付けることによってVRでより派手なピニャータをすることができる。

これらのプロジェクトのうち、「Mobile Room Scale」と「Virtual Graffiti」はUnreal Engine 4で、「Piñata Party!」はUnityで制作された。

「Mobile Room Scale」と「Virtual Graffiti」は公式ブログからチュートリアルを閲覧可能で、「Piñata Party!」は公式ブログとプロジェクトのファイル、コードのドキュメントをダウンロードできる。また、Vive公式開発者コミュニティにはVive TrackerをSteam VRで使うための手順も掲載されている。詳細は記事の下にある関連リンクを見て欲しい。
 
 
(TEXT by ぱソんこ

 
 
●関連リンク
New Project Code and Tutorials Released for VIVE Tracker
Vive Tracker Role Changer (current version: 0.8)
Mobile Room Scale Experiences with Vive Tracker(公式ブログ)
Spray Paint in VR with Vive Tracker(公式ブログ)
Piñata Party!(公式ブログ)
Piñata Party!プロジェクトファイル(Google Drive)
Piñata Party!ドキュメント(Google Drive)

LINEで送る
Pocket