注目のVRリズムゲーム「Airtone」が限定楽曲でハウステンボスに先行登場

LINEで送る
Pocket


アミューズメントメディア総合学院の商用ゲーム作品開発機関・AMGゲームスは、4月28日よりハウステンボスのVRアトラクション施設「VRの館」にて、VRリズムアクションゲーム「Airtone」を稼働すると発表した。ハウステンボスだけの限定バージョンとなっている。

 
「Airtone」は、キャラクターデザインにポリゴン・ピクチュアズの森山佑樹氏、開発にヒストリア、音楽制作にノイジークロークを迎えた、本格VRリズムアクションゲームだ。アミューズメントメディア総合学院の音楽事業部であるAMG MUSICも音楽制作に参加している。

 
HTC VIVEおよびOculus Rift用に開発中の本作が、一足先にハウステンボスのアトラクションに登場。プレイできる楽曲は、ハウステンボス用のオリジナルチャート2曲となっており、事実上ハウステンボス限定バージョンだ。本作が気になっている人はぜひ足を運んでプレイしてみてほしい。

 
●ハウステンボス内 Airtone
・場所:アトラクションタウン VRの館
・定員:6名
・対象:8歳以上(13歳未満は保護者同意が必要)
・料金:VRチケット2枚(1枚200円/4枚500円)
 ※入館には別途パスポートが必要
 ※VR用マスク1枚50円(持ち込み可)

 
●Airtone
・配信開始日:今春予定
・価格:未定
・ジャンル:エアーリズムアクション
・プラットフォーム:HTC VIVE、Oculus Rift、ほか

 
●関連リンク
Airtone 公式サイト
ハウステンボス VR特集ページ

LINEで送る
Pocket