VIVE XからHTC Vive向け視線追跡デバイス「aGlass」発表 開発者版は219ドルから

LINEで送る
Pocket

27日、台HTCはアクセラレータプログラムのVive Xの一つとしてHTC Vive向け視線追跡デバイス「aGlass」を発表した。

「aGlass」は中国の7invensun(七鑫易维)が開発しており、VRHMDで普段メガネを使う近視眼の人のための度付きレンズが3種類同梱される。開発者向けのDevelopment Kit IIは来月から約219ドル(1,500人民元)で来月から予約を開始する予定だ。

VRHMDに視線追跡デバイスが搭載されれば、視線の周りだけを高解像度にすることでコンピュータの負荷を下げる「Foveated Rendering」(中心窩レンダリング)や、視線を補うインタラクションやアバター間のアイコンタクトなどのVRのより自然な操作を実現できる。

また、他にもVive Xのプログラムとして、ObENが中国大手IT企業のTencentのインスタントメッセンジャーアプリであるWeChat(微信)をHTC Viveに対応させてVR空間内でモバイルユーザーと対話できるようにしたり、HTC Viveを無線化する周辺機器を開発しているTPCastから新たに6人同時でHTC Viveを無線で利用できるビジネスエディションを今年の後半に発売することが発表された。
 
 
(TEXT by ぱソんこ

 
 
●関連記事
HTC、TPCAST製のViveワイヤレス化キットを発表 日本時間で12日0時より限定数販売

 
●関連リンク
Innovation Breakthroughs from VIVE X Teams Set to Drive the Global Industry Towards a Next-Generation VR Experience(PRNewswire)
aGlass(中国語)

LINEで送る
Pocket