巨大美少女メカで大都市をめちゃめちゃに破壊! ケイブ初VR「A.I am Monster」を体験してきた

LINEで送る
Pocket

去る4月29日、東京・ベルサール秋葉原においてケイブのファンイベント「ケイブ祭り2017 『ドキドキケイブの入学式~先生も胸ふくらむ春!~』」が開催された。イベントのメインとなるのはスマホゲームアプリの「ゴシックは魔法乙女」となるが、それは当媒体では触れずに、ケイブ初のVRコンテンツとなる「A.I am Monster」のプレイレポートを紹介する。

 

ゲームはケイブの名作弾幕シューティング「怒首領蜂大復活」のステージ1のボスキャラクター「A.I」になりきり、都市を破壊するというもの。ちなみに、「怒首領蜂」シリーズは第1作の「首領蜂」が1996年、続編となる「怒首領蜂」が1997年に稼働開始、以後一個飛ばして(笑・開発が他社なので)「大往生」「大復活」と続き、シリーズ最新作「最大往生」が2012年に稼働している。

本作はPC向けVRゴーグルの「HTC VIVE」とゲームエンジンの「Unity」で開発されており、操作は2本のVIVEコントローラを使用する。コントローラーを動かして手のように使い、トリガーを引くとがれきを持ち上げて投げられる。また、右側のゲージがマックスになるとビームを(たぶん目から)放出し、近隣のビルを一気に破壊できる。なお、移動はルームスケールではなく、左コントローラのカーソルキークリックで向いている方向に前進する。

一応ライフゲージはあるものの、本バージョンでは完全な時間制となっていたため、ビルやヘリを手で破壊しながらビームで大破壊を引き起こし被害総額を競う、という展開だ。隠し要素として「IKD像」と呼ばれるアイテムがビル内に隠されており、ビルを破壊して見つけるのもスコアの評価基準となっている。

 

オープニングで人間サイズのA.Iが登場するものの、ゲーム内ではこのようにA.I視点だ

 

ゲームを終了すると被害総額(スコア)が表示。兆を超えれば最高ランクっぽい

 

これがIKD像(実物)。同社取締役副社長COOで「怒首領蜂」シリーズの生みの親である池田恒基氏を模した像。これを(ゲーム内で)探し出せばボーナスとなる

 
遊んだ感想だが、筆者は過去に「大怪獣カプドン」「Monster Awaken VR」などといった怪獣もののVRゲームを何作か遊んでいるために、少々厳しいことを言っちゃうと「これ、最終的にどういう方向に持っていくの?」というところにつきそうだ。コンシューマに向けて売るにしても、アーケードで稼働させるにしても、作りこみが足りないと感じてしまった。

ケイブのファン向けアイテムとしてもちょっと厳しい気はする(要素的にはIKD像を探すだけだし……)。VIVEタイトルではあるが、ルームスケールは未対応というのも厳しい。現時点では対応機種を発表していない、ということもあるのだが、やはりルームスケールで暴れまわることができればより破壊の楽しさを味わえるだろう。

また、エレメントドーターという設定(「大復活」ゲーム内では飛行形態で登場、ダメージを与えると人型形態に変形する)を活かしてワープ移動とかを組み入れればもっと楽しい体験ができると思うので、今後もフィードバックを得るための体験できる機会が増えれば、より作りこめればいいものになるのではないか。少なくとも次回の体験は「ケイブ祭り2018」もしくは製品版までお預け、というのは絶対にナシでお願いします!

 
●おまけ

ケイブ祭りではもう一つ、エムツーが開発する「M2 Shot Trigger: 弾銃フィーバロン」のスコアアタックイベントが開催。

 
 

さらにイベントでは稼働15周年を来年に控えるシューティング「ケツイ~絆地獄たち~」の移植(2017年内の発売を死守することをケイブ広報から通達された)、そしてブルマモード付き「フィーバロン学園」の制作が発表され、ケイブシューティングファンが歓喜と戦慄を覚えたという。ちなみにブルマネタは去年のケイブ祭りがタイトルからして「ケイブ祭りが大運動会~汗と涙とブルマ~」というものだった故に最高にハイになった観客が思わず叫んじゃったものかと思うけど……、エムツーの堀井社長、あの発言を本気にしちゃったよ!? ちなみにプラットフォーマーの許可を得てないので機種は未発表でした

 

「フィーバロン学園」、それは「フィーバロン」と「どきどき魔女神判」を組み合わせた全く新しいシューティング……(笑)

 
 
(C) 2017 CAVE Interactive CO.,LTD.
(C) 2015 CAVE Interactive CO.,LTD.
(C) 1998 CAVE Interactive CO.,LTD.
(C) 2017 M2 Co.,Ltd.

 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
 
●関連リンク
ケイブ
ケイブ祭り2017
A.I am Monster ケイブ祭り特設サイト
M2 Shot Trigger: 弾銃(だんがん)フィーバロン(エムツー)

LINEで送る
Pocket