Oculus、VR映画製作スタジオ「Oculus Story Studio」閉鎖 社外開発のサポートに専念

LINEで送る
Pocket

5日、米Oculus VRはOculus Story Studioを閉鎖することを発表した。Oculus Story Studioは2015年1月にOculus VRが設立した子会社で、元ピクサーなどの人材を中心にVR映画を制作していた。

Oculus VRは公式ブログの「The Next Chapter of Creative Development in VR」という記事でOculus Story Studioを始めとする内製VRコンテンツの開発から撤退してサードパーティなど外部の資金調達やサポートに専念することを明らかにした。また、Oculus VRは今年度にゲーム以外のVRコンテンツに50万ドル(60億円)を出資する予定だ。

Oculus Story Studioがこれまでに制作したVR映画の「Lost」「Henry」「Dear Angelica」、およびVRペイントツールの「Quill」はOculus Storeから無料でダウンロードできる。なお、今回の発表では3月に制作が発表されたOculus Story Studioの新作「Talking with Ghosts」に関する情報は公開されていない。

 
 
(TEXT by ぱソんこ

 
 
●関連記事
Oculus Story Studio謹製「Henry」を体験! かわいすぎる一方で実在感は……

 
●関連リンク
Lost
Henry
Dear Angelica
Quill
The Next Chapter of Creative Development in VR(公式ブログ)
‘Talking with Ghosts’ to Premiere at Tribeca Next Month(公式ブログ)

LINEで送る
Pocket