タイでもVRアートしタイ! ファンタの現地イベントに「せきぐちあいみ」さんがゲスト参加

LINEで送る
Pocket

タイ・ファンタは同地での「ファンタ・ツイストボトル」の発売を記念して、5月3〜7日まで、首都バンコクのサイアム・スクエアでVRイベントを開催。初日には日本からVRアーティストの「せきぐちあいみ」さんが参加しイベントを盛り上げていました。

イベント会場に用意されたのは、2基のPC向けVRゴーグル「HTC VIVE」とプレイブース。GoogleのVRペイントソフト「Tilt Brush」を使って、来場者が3D空間に自由にペイントが楽しめるようになっていました。さらに来場者が描いた作品は、ファンタのボトルラベルとしてプリントアウトされプレゼントされていました。

 

来場者もスタッフからのレクチャーですぐにプレイできた。

 
今回のVRコンテンツは、せきぐちあいみさんがファンタの「ストロベリー」、「オレンジ」、「ミックスフルーツ」をイメージして3D空間をデザインしたとのことです。イベントでは、せきぐちさんが実際にHTC Viveを装着して、3Dペイントのデモを音楽に合わせて、生ライブとして披露。ステージスクリーンにはHTC VIVEと連動した映像が映し出され、イラストが描かれていく様子をリアルタイムで観られるようになっていました。

 

せきぐちさんもライブペイントを披露。

 

ステージのスクリーンに作画中の映像が映し出される。

 
ライブ終了後、せきぐちさんは「タイでやるのは初めてで、パフォーマンス中はみんなの顔が見れないのが不安だったのですが、たくさんの方が声を出して驚いてくれたりして、肌や耳で楽しんでくれているのが伝わってきて嬉しかったです」とコメント。タイでもVRイベントが十分魅力のあるコンテンツになっているようです。

 
 
(TEXT by 中山智

 
 
●関連リンク
ファンタ・イベントページ
せきぐちあいみ(Twitter)
Tilt Brush
VIVE

LINEで送る
Pocket