モノビット、Unityアセット「Monobit Unity Networking 2.0」インディーズ向けに無償提供

LINEで送る
Pocket


モノビットは、ゲーム向け通信ミドルウェア「モノビットエンジン」の「Monobit Unity Networking 2.0」をインディーズゲーム開発向けに無償提供を開始した。

 
「Monobit Unity Networking 2.0」は、クライアントプログラムだけでマルチプレイゲームを簡単に実装できるUnity向け通信ミドルウェアだ。3月30日に発売された「Monobit Revolution Server」の新コアを採用することで、従来製品に比べて大幅な高速化に成功。サーバにゲームコードが記述できるようになっている。

 
「Monobit Unity Networking 2.0」および「Monobit Revolution Server」の詳細はこちらの記事を参照してほしい。尚、「Monobit Unity Networking 2.0」を使用したVRボイスチャットミドルウェア「VR Voice Chat with MUN β版」も近日バージョンアップ予定とのこと。

 
モノビットは今回のインディーズゲーム開発向けの無償提供を通して、近年盛り上がりを見せているインディーズゲームおよびインディーズVRコンテンツの開発者を含む幅広い開発者を支援するとともに、リアルタイム通信を利用したオンラインゲーム・オンラインVRコンテンツ開発の魅力を広く伝え、ゲーム産業およびVR産業の発展に貢献していきたいとしている。

 
●関連リンク
Monobit Unity Networking 2.0 ウェブサイト
Monobit Revolution Server ウェブサイト
モノビットエンジン ウェブサイト
モノビット ウェブサイト

LINEで送る
Pocket