GMOクラウド、「panocloud VR」を「セールスパートナー」向けに提供開始 自社再販も可能に

LINEで送る
Pocket


GMOクラウドは、SaaSポータルサイト「SaaStart(サースタート) by GMO」で展開している360度パノラマVRコンテンツ作成ツール「panocloud VR powered by GMO」を、同社のパートナー制度「セールスパートナー」プログラム向けに提供を開始した。

 
「panocloud VR」は、GMOクラウドとアジェンシアの協業によって、360度パノラマVRコンテンツを簡単かつ低価格で制作できるツールだ。「パノラマ画像とマップのアップロード」「各種設定」「公開・共有」の3ステップで、VRゴーグルでの閲覧にも対応した360度VRコンテンツが制作・公開できる。1ツアーあたり月額800円と低価格のため、これまでに教育機関など多くの企業・団体が利用している。

 
●panocloud VR スタンダード15プラン 利用料金
・初期費用:0円
・月額費用:
 - 12ヶ月契約 1万2000円(税抜)
 - 6ヶ月契約 1万3000円(税抜)
 - 1ヶ月契約 1万4000円(税抜)
・ツアー数:15ツアー
・シーン数:合計75シーン
・1シーンの画像サイズ:5MBまで

 
※5シーン1ツアーが作成できる「7日間無料トライアル」あり。
※「エンタープライズプラン」は別途見積もりが必要。

 
「セールスパートナー」契約を締結しているウェブ製作会社などは、GMOクラウドが提供するクラウド・ホスティングサービスや各種ITソリューションを特別価格で仕入れ、エンドユーザーへの再販、クライアントへ同サービスを活用した提案が行える。今回「セールスパートナー」向けのサービス提供開始によって「panocloud VR」を活用したVRコンテンツ制作事業の展開、自社サービスとしての再販が可能となった。

 
今回発表した「panocloud VR」および「セールスパートナー」の詳細は、5月10日~12日に東京ビッグサイトにて開催される「2017 Japan IT WEEK春」内「第8回クラウドコンピューティングEXPO春」のGMOクラウドブースでも紹介予定だ。

 
「セールスパートナー」向けのプランや販売価格は直接問い合わせてほしいとのこと。

 
●関連リンク
panocloud VR 紹介(申込・問合せ)ページ
第8回クラウドコンピューティングEXPO春 ウェブサイト
GMOクラウド ウェブサイト
アジェンシア ウェブサイト

LINEで送る
Pocket