業界一優しい3Dデータ作成依頼を実現「モデリー」サービス開始 チャットで費用感も即時相談

LINEで送る
Pocket


X人のは、オリジナル3Dデータ作成サービス「モデリー」を提供開始した。VR/AR、ゲーム、アニメーションなど、用途に合わせた3Dデータをチャットなどで相談しながら作成できる。簡単なキャラクター程度であれば、費用は2~4万円程度となる見込み。

 
3Dデータは、金額感や内容が不透明で難しく、3DプリントやAR/VRが世の中に浸透するための課題になると同社は考え、「3Dデータをもっと簡単に」という目標のもと、これまで3Dデータを作成したことがないユーザーにとって最も優しいデータ作成サービス「モデリー」を考案した。

 

このサービスでは、チャットで気軽に相談できる窓口を作り、金額感も事例でわかりやすく提示することで、3Dデータ作成の経験のないユーザーにとことん優しいサービスとなっている。2Dイラストからの3Dデータ作成のほか、図面からの3DCADデータ作成など、さまざまな形式に対応。今後、さらなる発展が期待される3D事業において、最初の入り口となるサービスになることを目指す。

 
●費用感(参考価格)
・マスコットキャラクター:2万円程度
・デフォルメキャラクター:3万円程度
・人物3Dモデル:4万円程度

 
●モデリーの特徴
チャットで費用感などを相談
チャットを用いて費用感など、業界最速の見積もりスピードを目指す。

 
初めてのユーザーに優しい
3Dデータ作成を個人に依頼するには、多くの専門知識が必要となる。簡易なHP制作のように、個人などの初めてのユーザーが簡単に依頼できる優しいサービスを目指す。

 
海外デザイナー起用によるローコスト・ハイクオリティなサービス
北欧、米国、東南アジアをはじめとする世界各国のデザイナーにデータ作成を依頼するため、ローコストでハイクオリティなモデルを納品する仕組みを実現。

 
●関連リンク
モデリー ウェブサイト

LINEで送る
Pocket