2017年末に有料版が登場!? DVERSEのビジネス向けVRコミュニケーションソフト「SYMMETRY alpha」【Unite】

LINEで送る
Pocket

 
5月8、9日東京国際フォーラムにて開催された「Unite 2017 Tokyo」。その中でも数多くの体験型デモンストレーションを実施している第1ブースエリアに、DVERSEが開発したVRコミュニケーションソフトウェア「SYMMETRY alpha」を発見した。

SYMMETRY alphaは、建築や設計、デザイン業界向けに開発されたソフトウェア。デザイナーやクリエイター、クライアントは、VRゴーグルを装着して実際のスケール感をもった3DCADを見ながらコミュニケーションをとれるというもの。PANORAでも先日、展示会のブース設営をVRで確認する用途で紹介した。現在はVIVEのみ利用可能だ。

 

コミュニケーションだけでなく、PCの中にあるデータやインターネット上にあるオブジェクトデータなどもSYMMETRY alphaの仮想空間内で読み込めるので、その都度VRデバイスを頭から外す必要はないのもポイント。ほかに録音やカメラ撮影といった機能も備えているため、VRデバイスを持っていない人でも会話の内容や写真をデータとして送れる。

本ツールには2つのバージョンがあり、現在Steamにて配信している無料版は基本的に3DオブジェクトをVRデバイスで見るためのビューワー。今後2017年末にリリース予定の有料版は本格的に3Dのエディットなどが行えるものになるとのこと。

なお、秋葉原に設にあるPCショップ「ドスパラ」の本店5階でSYMMETRY alphaを体験することができる。興味があるなら覗いてみてはいかがだろうか。

 

 
 
(TEXT by まぶかはっと

 
 
*Unite 2017 Tokyoまとめページはこちら

 
 
●関連リンク
SYMMETRY alpha
Unite 2017 Tokyo
Unity

LINEで送る
Pocket