「TOKYO SANDBOX 2017」のべ1850人を動員 今回の成果や課題を踏まえ来年以降も開催へ

LINEで送る
Pocket


kulaboは、5月10日~14日の4日間に渡って開催されたインディーゲームの大型複合イベント「TOKYO SANDBOX 2017」について、会期中、のべ1850人を動員したと発表した。Oculus VR創業者であるパルマー・ラッキー氏が登壇するなど、大きな注目を集めたイベントとなった。

 
「TOKYO SANDBOX」は、「TOKYO INDIE FEST 2015」を起源とするインディーゲームの大型複合イベントだ。国内外のゲーム関係者が一堂に会する機会を設け、開発者とそのタイトルに注目する投資家、ならびに大手ゲームパブリッシャーとのマッチング、さらにゲームファンと開発者の交流を目的としている。およそ2年の準備期間を経て今年初開催となった。

 
「TOKYO SANDBOX 2017」の動員人数の内訳は以下の通り。

 

●TOKYO SANDBOX 2017 動員人数内訳
・PUSH:250人
・TOKYO INDIE FEST(VR LOUNGE、CODING FOR LIFE含む):
 - ビジネスデー 400人
 - 一般公開日 1200人

 

Oculus VRの創業者であるパルマー・ラッキー氏のフリーダムな質疑応答(レポート記事)や、「Job Simulator」を世に送り出し、Googleに買収されることが登壇前日に発表されたOwlchemy LabsのCEOであるアレックス・シュウォーツ氏の講演(レポート記事)など、「TOKYO SANDBOX 2017」全体において、VR関連の話題も非常に盛り上がった印象だ。

 
「TOKYO SANDBOX」は、今年の成果や課題を踏まえて、来年以降も開催していきたいとしている、

 
●関連リンク
TOKYO SANDBOX 2017 公式サイト

LINEで送る
Pocket