中国Oasis Games、ホラーAVG「DYING: Reborn」をPS VR対応で本日発売!吹替は木村昴さん

LINEで送る
Pocket

中国・北京のゲームパブリッシャー、Oasis GamesはPlayStation 4/PlayStation Vita用ホラーアドベンチャー「DYING: Reborn(ダイイング:リボーン)」を5月25日に日本のPlayStation Storeで配信する。

 

「DYING: Reborn」ティザートレーラー(英語音声・日本語字幕)

不気味なホテルの一室に囚われた主人公・マシューが妹・シェリーの救出とホテルからの脱出を試みる、というプロットの一人称視点のパズルアドベンチャーで、全6チャプターのうち3チャプターがPlayStation VRで体験できる。なお、CEROがPS VR版とPS4/Vita版で異なっていることから別アプリとなっている模様。

 

 

ホテルはかなり長期間放置されてた模様。内部にはいろいろな謎が……。

 

 
なんか魚頭のひとがいますキャーっ!

ボイス、テキストともに日本語ローカライズされており、マシューの行く手を阻む謎の魚頭の男“コルビー”の吹替にはアニメ「ドラえもん」のジャイアン役や映画「キングスマン」のゲイリー役などを演じている木村昴さんが担当しているのも本作の売りとなっている。

 
●「DYING: Reborn」商品概要
・開発元:NEKCOM
・発売元:Oasis Games
・機種:PlayStation VR/PlayStation 4/PlayStation Vita
・ジャンル:ホラーパズルアドベンチャー
・発売日;2017年5月25日
・価格:PlayStation Vita版 1700円
    PlayStation 4/PlayStation VR版 2200円
    PlayStation 4&VR/PlayStation Vita バンドル 2800円
・CEROレーティング:PlayStation VR版 C(15歳以上対象)
          PS4/Vita版 D(17歳以上対象)

 
 
●関連リンク
Oasis Games日本語公式サイト
DYING: Reborn日本語公式サイト

 
Copyright (C) 2016 Oasis Games Ltd. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket