DJI、手のジェスチャーでも操縦できる手軽な小型カメラドローン「DJI SPARK」先行予約開始

LINEで送る
Pocket


DJIは、同社初のミニドローンで、手の動きだけで操作できる小型カメラドローン「DJI SPARK」を発表し、先行予約を開始した。価格は、通常セットが6万5800円(税込)、必要なすべてのオプションを含む「Spark Fly Moreコンボ」が9万1800円(税込)先行予約分の出荷は6月中旬を予定している。

 
「DJI SPARK」は、革新的な技術によって、手の動きだけで操作が可能なDJI初のミニドローンだ。ドローンをこれまで飛ばしたことがない人でも、自分の手の動きだけで簡単に操作できる。

 
●ジェスチャーモード
手のひらから離陸すると、自動で「ジェスチャーモード」に移行。このモードには、手のジェスチャーに合わせてドローンが操縦できる「PalmControl(パームコントロール)」などの新しい操縦機能を搭載している。手の動きだけで飛行させ、セルフィー撮影した後に、またすぐに手元に戻すといった使い方も可能だ。

 
また、理想的なライフスタイル・アクセサリーとして設計されており、どんなバッグにも簡単に収まるサイズ感に加えて、重さはわずか300グラムと非常に軽い。数秒で離陸できるため、撮影したい瞬間を逃しにくい。

 
操作は、ジェスチャーのほかにも、送信機やモバイルデバイスが使用できる。カラーバリエーションも豊富で「アルペンホワイト」「スカイブルー」「メドウグリーン」「ラヴァレッド」「サンライズイエロー」の5色がラインナップされている。

 

 
●QuickShot
新たに搭載した「QuickShot」インテリジェント機能を使うと、被写体をフレームに収めつつ、設定された経路に沿って飛行しながら、短い動画の撮影が可能。プロが顔負けの動画も簡単に撮影できそうだ。「QuickShot」で使用できる撮影モードは以下の通り。

 
Rocket(ロケット)モード
 カメラを下向きにして機体が上昇し撮影
Dronie(ドローニー)モード
 斜め後ろ方向に上昇して撮影
Circle(サークル)モード
 被写体の周囲を回りながら撮影
Helix(螺旋)モード
 上昇しながら被写体の周囲を旋回し撮影

 
どのモードでも、自動的に約10秒の動画を作成するので、特別な瞬間をすぐにSNSなどで共有できる。

 

●TapFly、ActiveTrack
「TapFly(タップフライ)」や「ActiveTrack(アクティブトラック)」など、従来からあるインテリジェントフライト機能も搭載。DJIのビジョンテクノロジーに基づいて開発された「TapFly」の新モード「Coordinate(コーディネート)」は、モバイルデバイス上のタップした地点へSparkを飛行させることができる。また「Direction(ディレクション)モード」では、画面上でタップした方向へ飛び続ける。

 
「ActiveTrack」では、選択した被写体を自動で認識して追尾。被写体を常にフレームの中央に捉え、動いている被写体でも完璧な映像が撮影できる。「TapFly」や「ActiveTrack」の途中でも、前方の飛行経路にある障害物は自動認識されるので安心だ。

 
●Sモード
送信機を使えば、「S(Sport)モード」に切り替えられ、最大約50km/hまで飛行速度が引き出せる。Sモードでは、ジンバルが「FPV(First Person View:1人称視点)に初期設定されているため、機体に乗っているかのような映像を見ることも可能。「DJI Goggle」(関連記事)に対応してため、没入感ある飛行体験も味わえる。

 
●カメラと撮影モード
1/2.3インチCMOSセンサーを内蔵したカメラで、1200万画素の写真、ブレのない1080p高精細動画が撮影できる。2軸ジンバルと「UltraSmooth(ウルトラスムーズ)技術」によって、ブレやローリングシャッター現象が大幅に軽減され、映画のような映像も簡単に撮影できる。

 
さらに、従来の撮影モードのほか、「Pano(パノラマ)」と「ShallowFocus(シャロー・フォーカス)」の2つの新しいモードを追加。 「Pano」では、ジンバルと進行方向を自動で調整し、水平方向または垂直方向に一連の写真を撮り、つなぎ合わせてパノラマ写真を作成。「ShallowFocas」では、際立たせたい箇所にフォーカスを合わせながら、その周囲にボケ味を出し、被写界深度の浅い写真を撮影できます。

 
撮影した動画は、スマートフォンアプリ「DJI GO 4」のフィルター機能や自動編集テンプレートを使って編集し、FacebookやYouTube、Twitter、InstagramなどのSNSにすぐにシェアできる。

 
「DJI SPARK」について、同社のシニアプロダクトマネージャーであるPaul Pan氏は以下のようにコメントしている。

 
●DJI シニアプロダクトマネージャー Paul Pan氏 コメント
「手の動きだけでカメラドローンを操作できるということ、それは、仕事や非日常的な冒険体験、友人や家族と過ごす楽しい時間など、空撮技術が日常生活の直感的な一部になるという意味において、大きな一歩を踏み出したということになります。Sparkの革新的な新しいインターフェイスで、世界を眺める視点が空中にまで簡単に広がります。私たちがワクワクするすべての瞬間を、これまで以上に簡単に撮影し、シェアすることができます」

 

●DJI SPARK
・先行予約:受付中(出荷時期 6月中旬)
・価格:
 - 通常セット 6万5800円(税込)
 - Spark Fly Moreコンボ 9万1800円(税込)

 
●関連リンク
DJI SPARK 製品ページ

LINEで送る
Pocket