アミューズメント総合学院、来年4月から「VRエンジニア専攻」開設 講師に佐々木瞬氏

LINEで送る
Pocket


アミューズメント総合学院は、2018年4月より、ゲームプログラマー学科に新たな専攻としてVRコンテンツクリエイターに特化した「VRエンジニア専攻」を開設すると発表した。講師兼教育アドバイザーは、多数のVRコンテンツを手掛けるヒストリア代表取締役の佐々木瞬氏が担当する。

 
「VRエンジニア専攻」では、ゲームプログラミングの基礎を軸にVR技術を学び、ゲームを中心としたさまざまなVRコンテンツが開発できる「VRエンジニア」のエキスパートを目指す。主なカリキュラムは以下の通り。

 
●アミューズメント総合学院 ゲームプログラマー学科 VRエンジニア専攻 カリキュラム(※一部)
・VRハードウェア概論
なぜ立体的に見えるのか。位置トラッキングの仕組みなど、VRのハードウェアについて学習する。

 
・VRユーザーインターフェース
VR空間内での移動方法や視野の設定、VR酔い対策など、VRにおけるUI/UXについて学習する。

 
・VRゲームデザイン論
主観的な体感となるVRゲームにとって重要な没入感やプレゼンス(存在感)の高め方などVRならではのゲームデザインを学習する。

 
・VR最適化論
VRコンテンツでは90fps(画面を1秒間に90回更新)を超える処理速度が求められる。これに対応する効率化や最適化の手法を学習する。

 

尚、アミューズメント総合学院は、VRリズムゲーム「Airtone」のプロデュースにも携わっており(関連記事)、VRコンテンツ開発に非常に積極的な教育機関のひとつと言える。同専攻の募集は4月より開始されているので、VRコンテンツの開発に興味がある人は、ぜひ体験説明会などに足を運んでみてはいかがだろうか。

 
●関連リンク
アミューズメント総合学院 ゲームプログラマー学科 紹介ページ

LINEで送る
Pocket