ASUS、15.6インチノート「The ROG Zephyrus GX501」発表 1080搭載で17.9mm&2.24kg【Computex】

LINEで送る
Pocket

 
ASUSは30日、台湾にて5月30日〜6月3日に開催している「Computex Taipei 2017」にて同社のゲーミングPCプランド「ROG」(Republic of Gamers Global)シリーズのプレスイベントを実施し、新型ノートやディスプレー、マザーボードをお披露目した。

 

PANORA的に注目なのは、15.6インチのスリムノート「The ROG Zephyrus GX501」だ。厚さ17.9mmで重量2.24kgというサイズながら、CPUにi7-7700HQ、GPUにNVIDIA GeForce GTX 1080を採用。1080p(1920×1080ドット)で、G-Sync対応でリフレッシュレートが120Hzでの表示も可能だ。

 
メモリーは最大24GB、ストレージは256/512GB/1TB SSD(M.2 PCIe x4)、インターフェースはUSB 3.1が5基(うちType-Cが1基)、HDMI 2.0が1基、ヘッドホン/マイク端子が1基。リリース時期については「coming soon」とのこと。Oculus RiftやHTC VIVEと一緒に持ち運んで、出先でデモをしたいという用途には魅力的だろう。

 

同時に、CPUにRyzen 3 1200/Ryzen 5 1600/Ryzen 7 1700、GPUにRadeon RX 580といったAMD製品を採用した17.3インチノート「THE ROG STRIX GL702ZC」も発表。今夏遅くに出荷予定だ。

 
 
*Computex Taipei 2017のまとめページはこちら

 
 
●関連リンク
公式レポート(英語)
ニュースリリース(The ROG Zephyrus GX501、英語)
ニュースリリース(The Strix GL702ZC、英語)
ROGシリーズ
ASUS
Computex Taipei 2017

LINEで送る
Pocket