東京ジョイポリス、VR施設「ZERO LATENCY VR」をリニューアル 「ZOMBIE SURVIVAL」は7月9日まで

LINEで送る
Pocket

CAセガジョイポリスが運営するアトラクション&ライブパーク「東京ジョイポリス」は現在好評稼働中のVR施設「ZERO LATENCY VR」のソフトを7月中旬よりリニューアルすることを発表した。それに伴い、現在稼働中のソフト「ZOMBIE SURVIVAL」は7月9日までとなる。

「ZERO LATENCY VR」はオーストラリアの同名企業が開発したフリーローミング・多人数プレイ可能なVR体験。「ZOMBIE SURVIVAL」では広いスペースの中、多人数でゾンビに立ち向かう、というアクションが楽しめる。

東京ジョイポリスでの「ZERO LATENCY VR」は事前予約制となっており、公式サイトから予約が可能。ただし。別途入場料が必要となる。また、空きがある場合は当日券の販売も行っているようだ。

 
 
●関連記事
ゾンビを撃ちまくれるのが快感! お台場ジョイポリス「ZERO LATENCY VR」オープン直前レポート

 
 
●関連リンク
東京ジョイポリス
ZERO LATENCY VR

LINEで送る
Pocket