iiyama「SENSE∞」ブランドからMayaモデラー向けPC登場 学生からプロまで対応の3モデル

LINEで送る
Pocket


ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「SENSE∞(センスインフィニティ)」より、Mayaモデラー向けパソコンを販売開始した。学生からプロまで幅広く利用できるよう「スタンダードモデル」「アドバンスモデル」「プロモデル」の3種類を用意。

 
Mayaモデラー向けパソコンでは、統合型3DCG制作ソフト「Maya」と一緒に使用されるレンダリングソフト「KeyShot」、テクスチャ編集を行う3Dペイントソフト「3D Coat」、画像編集に欠かせない定番ソフト「Photoshop」など、多数のアプリケーションを使用するプロの3Dモデル制作現場におけるワークフローに耐えられるように検証が行われている。販売モデルは以下の通りだ。

 

●SENSE-R027-i7-TN-CMG
・価格:18万9980円(税抜)~
・販売ページ:https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=590547&utm_source=pr&utm_medium=p170609_1&utm_campaign=i01
・スペック:
 - OS Windows 10 Home 64ビット[DSP版]
 - プロセッサー インテル Core i7-7700
 - チップセット インテル Z270 Express
 - メモリ DDR4-2400 DIMM 8GB×4(計32GB)
 - HDD 1TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
 - 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
 - グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5[ELSA GLADIAC]
 - 電源 500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源

 
コストパフォーマンスの高い「GeForce GTX 1070」と32GBメモリを搭載し、Mayaでの3Dモデリング作業を快適に行えるスタンダードモデル。

 
●SENSE-R009-i7BK-QZ-CMG
・価格:19万9980円(税抜)~
・販売ページ:https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=590548&utm_source=pr&utm_medium=p170609_1&utm_campaign=i02
・スペック:
 - OS Windows 10 Home 64ビット[DSP版]
 - プロセッサー インテル Core i7-6800K
 - チップセット インテル X99 Express
 - メモリ DDR4-2400 DIMM 8GB×4(計32GB)
 - HDD 1TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
 - 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
 - グラフィック NVIDIA Quadro P2000 5GB GDDR5
 - 電源:700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

 
Mayaモデラー向けに最適な「Quadro P2000」と32GBメモリを搭載し、テクスチャ作成や3Dモデリング作業を快適にこなせるアドバンスモデル。メモリの追加やCPUのアップグレードによりレンダリング処理の高速化や、より高解像度のテクスチャデータ作成も可能。

 
●SENSE-R009-i7BK-QVR-CMG
・価格:32万9980円(税抜)~
・販売ページ:https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=590549&utm_source=pr&utm_medium=p170609_1&utm_campaign=i03
・スペック:
 - OS Windows 10 Home 64ビット[DSP版]
 - プロセッサー インテル Core i7-6800K
 - チップセット インテル X99 Express
 - メモリ DDR4-2400 DIMM 16GB×4(計64GB)
 - SSD 240GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
 - HDD 1TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
 - 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
 - グラフィック NVIDIA Quadro P4000 8GB GDDR5
 - 電源 700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

 
プロの3Dモデラーよりヒアリングしたワークフローを参考に、プロの使用にも耐えうるスペックを持った最上位モデル。Mayaモデラー向けに最適な「Quadro P4000」と64GBメモリを搭載し、8Kテクスチャの作成や3Dモデリング作業を快適にこなせる。

 
尚、今回販売を開始したMayaモデラー向けパソコンを監修したデジタルアーティスト・帆足タケヒコ氏へのインタビュー記事も近日公開予定とのこと。

 
●関連リンク
グッドウィル パソコン工房 Mayaモデラー向けパソコン 特集ページ

LINEで送る
Pocket