Oculus、無重力VRアドベンチャー「Lone Echo」7/20配信 派生のEcho Arenaでは大会も

LINEで送る
Pocket

Oculus Studiosは「The Order: 1887」などの開発で知られるアメリカのゲームスタジオ、Ready at Dawn開発のアドベンチャーゲーム「Lone Echo」とそのゲームシステムを応用したZero-Gスポーツアクション「Echo Arena」を7月20日に発売することを発表した。「Lone Echo」は39.99ドル(予約期間中は34.99ドル)で、「Echo Arena」は発売直後は無償提供される。各タイトルともにOculus Touchが必須となる。

 

 
「Lone Echo」トレイラー

 
「Lone Echo」は土星の環での採掘作業エリアを舞台にした無重力アドベンチャー。プレイヤーはJackと呼ばれる作業ロボのAIとなり、Captain Oliviaと協力して様々な困難を切り抜けていく、というもの。

 

 
Echo Arena—Experience esports in Zero-G

 
「Echo Arena」は5vs5の対戦型スポーツゲーム。多数の障害物がある無重力空間でディスクを奪い合いながらゴールを目指す、というものだ。なお「Echo Arena」は6月23日10時(アメリカ太平洋標準時)よりベータテストウイークエンドが実施される予定。

 
また、インテル、Oculus、ESLは「Echo Arena」「Unspoken Tournament」を使用した賞金総額20万ドルのVR E-Sports大会「VR Challenger League」を開催することを同時に発表している。決勝は「Intel Extreme Masters Poland」で行われる。

 
 
●関連リンク
Lone Echo/Echo Arena公式サイト(英語)
プレスリリース(英語)
VR Challenger League(英語)
Oculus Store: Lone Echo(英語)
Oculus Store: Echo Arena(英語)

LINEで送る
Pocket