DELL、「Inspiron ゲーミングデスクトップ」と「ALIENWARE Area-51」2モデルの3機種を発表

LINEで送る
Pocket


デルと、同社のゲーミングPCブランドであるALIENWAREは、「Inspiron ゲーミングデスクトップ」および、「ALIENWARE Area-51」の最新2モデル、計3機種のゲーミングPCを発表した。「Inspiron ゲーミングデスクトップ」は受注受付中。「ALIENWARE Area-51」は7月27日以降発売開始予定。

 

●Inspiron ゲーミングデスクトップ
「Inspironゲーミングノート」の成功を受け、Inspironゲーミングシリーズ初となるゲーミングデスクトップが発表された。米国では6月13日から出荷を開始している。

 
Windows 10を搭載した「Inspironゲーミング デスクトップ」は、手頃な価格で競合優位性を求めるゲーマー向けに設計されており、AMD最新の「SenseMIテクノロジー」を搭載した「Ryzenマルチコアプロセッサー」、最適化された熱処理エアフロー・ルーティング、ポーラーブルーLEDライトを搭載。容易なコンポーネントへのアクセスと最大850ワットの電源オプションを備え、AMDとNVIDIAの2つの異なるVR対応グラフィックスをサポートする。

 

●ALIENWARE Area-51
・AMD Ryzen Threadripper搭載モデル:7月27日受注開始予定
・Intel Core Xシリーズ搭載モデル:8月22日受注開始予定

 
AMDとIntelは「ALIENWARE Area-51」の新モデルに搭載される新たなマルチコアプロセッサーによって、ゲームをさらに進化させる。最新のハイエンドプロセッサーは、ゲーミングエクスペリエンスとパフォーマンスを追求するユーザーや、リソースが集中するアプリケーションの作成や使用を追求するユーザーに最適だ。

 
ハイエンドの16コアプロセッサーモデルは、すべてのコアにおいてファクトリーでのオーバークロックが施される。Intel Core i9プロセッサーは、ブースト時に最大4.5GHzを発揮するクロックスピード重視のアプリケーションを用いるゲーマー向けと言える。また、デルは本製品において「AMD Ryzen Threadripper」搭載システムを市場に提供する独占的OEMローンチパートナーとなる。

 
これらのチップによって、システム負荷の大きいタスクの同時実行するメガタスキングが行われ、安心のブランドから提供され、信頼できるソリューションを求めるユーザーに適したモデルとなりそうだ。価格はそれぞれ近日発表となる。

 
尚、現在開催中の「E3」の来場者は、4K、8K、VR向けに最適化された「AMD Ryzen Threadripper」または「Intel Core Xシリーズ」を搭載した16コア/32スレッドの「ALIENWARE Area-51」が体験可能とのこと。

 
●関連リンク
デル ゲーミングパソコン&アクセサリ 製品ページ
ALIENWARE ウェブサイト

LINEで送る
Pocket