クロスデバイス、法人・自治体向けVR提供サービス「みんなのVR」6/30より提供開始

LINEで送る
Pocket


クロスデバイスは、6月30日より、法人・自治体向けに、NTTドコモと共同開発した手軽にVRを提供できるサービス「みんなのVR」を提供開始する。利用料金は1か月12万円(税抜)から。

 
「みんなのVR」は、教育、エンターテイメント、商業施設といったさまざまなシーンで、より手軽にVRサービスを提供できるよう、ドコモのIoT制御技術と、クロスデバイスのVRビューアー技術を活用。法人・自治体らが有するVRコンテンツを、安価かつ手軽に配信できるサービスだ。VRコンテンツはクラウドで管理できるため、遠隔地にあるVR体験ブースでもVR動画の編集・更新作業が行えたり、再生数を集計・閲覧したりと、いつでもどこでもコンテンツ管理ができる。

 
操作用のタブレットと、スマートフォン装着型VRゴーグルに装着する視聴用のスマートフォンがWi-Fiで連携。タブレットで視聴させたいVR映像を選択することによって、ゴーグルを装着している利用者がVR映像を視聴できる。視聴中のVR映像は同時にタブレットや大画面モニターに出力可能なため、その場にいる人とVR映像をリアルタイムで共有できる。

 
本サービスの第1弾として、青森県大鰐町、青森公立大学との産学官連携による、青森県大鰐町のVRプロモーションを体験できるイベントを予定しているとのこと。

 

●みんなのVR
・提供開始時期:6月30日
・対象:法人企業、自治体
・利用料金(税抜):1か月 12万円~ / 3か月 20万円~
・特長:
 - タブレットとゴーグル装着スマートフォンの連携
 - タブレットや外部モニターにVR映像を出力可能
 - クラウドサーバー連携でコンテンツを管理

 
※クラウドサーバ利用料、アプリ使用料を含む。
※VR映像制作費やセットアップ料、端末購入またはレンタル費用はオプションサービスとして別途提供。
※契約状況により、料金は異なる。詳細はクロスデバイス営業窓口まで。

 
今後は、タブレットとスマートフォンの連携だけでなく、パンフレットなどに印刷された二次元バーコードを読み取るだけで、そのままVR動画が視聴できる簡単VRツールなども用意していくなど、自治体側のニーズに合わせて多彩なツールを組み合わせを提案し、地域活性化に貢献できるよう努めたいとしている。

 
●関連リンク
クロスデバイス ウェブサイト

LINEで送る
Pocket