シートベルト超大事 JAF、交通危険行為の疑似体験360度動画「車両衝突編」を公開

LINEで送る
Pocket


日本自動車連盟(JAF)は、360度動画で交通安全を考える「もしもの状況をVRで疑似体験」の新動画「車両衝突編~衝突した車内の惨状!だからシートベルトは必要だった~」を公式サイトおよびYouTube公式チャンネルにて公開した。

 

自動車や交通の安全を見守ってくれているJAFが、交通安全への理解を深めるため、360度動画を公開している。前回は「車の水没編」と題し「水没車両からの脱出」を360度動画で生々しく伝えた(関連記事)。

 

今回新たに公開された「車両衝突編」は、車両後部座席において、シートベルト非着用時の危険性を認識し、全席シートベルト着用を訴えるために制作されたものだ。衝突の瞬間、シートベルト非着用のダミー人形が前方に飛び出し、前方の運転席に激しく打ち付けられたのちに3列目シートまで跳ね返る様子を、その場にいるかのような臨場感で疑似体験できる。

 
PCでの視聴も可能だが、YouTubeアプリがインストールされたスマートフォンとスマートフォン装着型VRゴーグルがあれば、360度全周囲を見渡せるため、あたかも車内にいるかような、より没入感のある映像で視聴できる。

 

 
動画とあわせて、公開中のJAFユーザーテスト「後席シートベルト非着用時の危険性」も参考にしてほしいとのこと。JAFは、今後も交通安全の啓発をより効果的に伝えるため、先進技術などを活用した映像を作成し、安全・安心なくるま社会の発展に寄与していきたいとしている。

 
●関連リンク
日本自動車連盟(JAF) もしもの状況をVRで疑似体験 車両衝突編
JAFユーザーテスト 後席シートベルト非着用時の危険性

LINEで送る
Pocket