本日より出荷開始! 24時間動作の全天球ライブカム「RICOH R Development Kit」

LINEで送る
Pocket

株式会社リコーは6月16日、24時間の連続動作が可能な全天球ライブカムの開発者版「RICOH R Development Kit」の出荷を開始した。

 

6月1日には映像コントロールツール「RICOH R Console」(PC/Mac用)と、そのソースコードをGitHubにて公開しているほか、YouTubeへの360ライブ配信ガイドブックや、開発者向けのユーザーズフォーラム、その他の技術情報、ツール類も提供している。

RICOH R Development Kitは、2K解像度(1920×960ドット)で30fps(毎秒30フレーム)という条件で、360度のライブ配信を実現するライブカム。価格は税込み5万9800円で現在も受付中だ。

 
 
●関連記事
【速報】24時間駆動を実現!! 360度ライブ配信のためのカメラ「RICOH R Development Kit」が17年春に出荷
なんと5万9800円! 24時間稼働できる「RICOH R Development Kit」のプレオーダー開始

 
 
●関連リンク
RICOH R Development Kit

LINEで送る
Pocket