東芝、無線LAN搭載SDカード「FlashAir」新商品「SD-UWAシリーズ(W-04)」6/17発売開始

LINEで送る
Pocket


東芝は、6月17日より、無線LAN通信機能を搭載したSDメモリカード「FlashAir」の新商品として、メモリカードとしての基本性能および無線通信性能を大幅に向上させた「SD-UWAシリーズ(W-04)」を発売する。16GB、32GBに加え、64GBの大容量モデルをラインアップに追加。価格はオープン価格。

 
「FlashAir」は、無線LAN通信機能を搭載したSDメモリカードシリーズだ。デジタルカメラで撮影した写真やカードに保存されたデータを、その場でスマートフォン・タブレットやPCと共有できることが特長となっている。

 
「SD-UWAシリーズ(W-04)」では、UHS-Iインターフェースに対応し、4K動画撮影も可能なUHSスピードクラス3、SDスピードクラス10を実現。最大読み出し速度90MB/秒、最大書き込み速度70MB/秒で、高速なデータ転送が可能だ。無線通信性能は、現行の「SD-WEシリーズ(W-03)」の約2.9倍の転送速度を実現している。また、「Eyefi連動機能」対応によって、これまでデジタルカメラの自動電源停止機能によってデータ転送が中断されていた現象を防ぐことが可能となった。

 
もちろん使い道はデジタルカメラだけに限らない。SDカードに記録されるデータをWi-Fi経由でほかのデバイスと共有する仕組みは、工夫次第でさまざまな用途に応用できそうだ。

 
●FlashAir SD-UWAシリーズ(W-04)
・発売日:6月17日
・価格:オープン価格
・容量:16GB/32GB/64GB
・インターフェース:SDインターフェース規格準拠 UHS-I
・スピードクラス:
 - UHSスピードクラス UHS Speed Class3
 - SDスピードクラス Class10
・無線LAN規格:IEEE802.11b/g/n (2.4GHz SISO, HT20 / HT40)
・無線セキュリティ:WEP、TKIP、AES(WPA/WPA2)

 
●関連リンク
FlashAir SD-UWAシリーズ(W-04) 製品ページ
FlashAir 特設サイト

LINEで送る
Pocket