VR女子高生のスーパー剣劇に大喝采! 2人プレーに進化した「CIRCLE of SAVIORS」体験レポ【E3 2017】

LINEで送る
Pocket

6月13〜15日に米国ロサンゼルスで開催されていたゲームの祭典「E3 2017」。任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントをはじめとする日本企業の出展も多かったが、今回はその中からFive forの「CIRCLE of SAVIORS」(CoS)をピックアップして紹介しよう。

 

3視点切り替えで見ている側もさらに楽しく!

日本のVR業界関係者なら、CoSの動画はどこかで見かけたことがあるはず。HTC VIVEを利用し、両手に持ったコントローラーを剣として振り回して、周囲から迫り来る敵を次々と倒していくというアクションゲームになる。女子高生が両手に剣を持って、グリーンバッグ合成でVR空間で戦うプロモーションビデオは、まさに「カッコいい!」の一言。

 
昨年7月のUnity VR Expo AKIBA9月の東京ゲームショウなどで展示して業界に大きなインパクトを与え、東京・渋谷の「VR PARK TOKYO」、埼玉・越谷レイクタウンの「VR Center」東京・吉祥寺のプラザカプコンといった店舗に導入されたきた。

 
開発・運営元はPDトウキョウだったが、このCIRCLE of SAVIORSのためにVR/MR関連事業を「株式会社Fivr for」として分離独立(!)。さらに従来は1人プレーだったところ、HMDをかぶらずにボウガンを打てる後衛との2人プレーにパワーアップして、今回のE3に出展したという流れになっている(詳細はニュース記事を参照)。

 
動きがだいぶ大ぶりになるため、日本では「他人の前でプレーするのはちょっと恥ずかしい……」という方も多そうなCoSだが、ここはアメリカ。「スーパープレーを魅せつけてやる!!」という方が続々と集まってきて、ブースの前には絶えず行列ができていた。Five forの方によれば、1日目は攻略ガチ勢でピリピリしていたものの、筆者が取材した2日目は並んで待っている人たちが他人のプレーに驚いたり歓声をあげたりと和やかな雰囲気だった。

 

前衛はHTC VIVEを装着して剣を、後衛はディスプレーがついたガンコントローラーを装着してボウガンをそれぞれ担当するという2人プレーになります。

 

グリーンバックを設置し、位置トラッキング用のセンサーをカメラについてバーチャル空間の映像とリアルの人を合成して出力してくれるシステムもマルチ視点にパワーアップ!! 右側に1台あるほか……。

 

左上と……。

 

左下という3視点を切り替えて、スピード感ある映像を外のモニターに表示できます。

 

同社では「マルチアングルMR」と呼んでいる技術です。

 

さらに外のモニターには3視点が変わる剣側(右側)だけでなく、ボウガン側(左側)が見ている視界も表示されます。わかりやすい!

 

というわけでTeam PANORAも2人でチャレンジしてみました。

 
今回のミッションはは、5分間で敵をすべて撃破するというもの。敵は前衛近くまでやってくるゴブリンだけでなく、ボウガンでしか攻撃できない遠方の鳥型モンスターもいて、2人が役割分担してざくざく倒していく必要がある。前衛が敵の攻撃を食らうとヒットポイントが減っていき、0になるとゲームオーバーだ。

 
事前に「うまいプレーのコツはなんでしょうか?」と聞いたところ、前衛はなるべく大ぶりに剣を振るといいという話を教えてもらった。というのも、前の敵を倒すのに必死になっていて、視界外のモンスターが横から迫っていても気づかないことも多いからだ。そうした際にも、剣を大きく振り回しておけば、本人が気づかないうちに攻撃できているとか。

 
そんな秘技を伝授してもらったにも関わらず、ゴブリンが数匹同時に迫ってきたり、鳥は石っぽいものをバンバン投げてきたりと、やっぱり忙しくて続々とダメージを受けていきます(笑)。なんとかボスまで到達しましたが、左右に避けなければいけないところを焦って踏まれてしまって結局ゲームオーバーに。ぐぬぬ。でもVRでファンタジーの世界に入り込んで、ヒーローとして戦えるなりきり体験は、やっぱり楽しいです!

 

ボスケテ!

 

ちなみに筆者がプレーした後に、例のVR女子高生(右)が台湾から来たプレスの女の子(左)を後衛に迎えて、スーパープレーを披露してくれました。1度もダメージを食らわず、さらに魅せる動きでサクサクと敵を倒していく様はまさに戦場の女神。そのかっこいい姿に行列からも惜しみない拍手が送られました。その勇姿を動画で収めたので、ぜひチェックしてください。

 

 
Five forによれば、今回はディストリビューターと投資元を探すためにE3に出展したとのこと。確かに海外のほうが向いてそうなCoSは、もしかしたら近いうちに全米で大流行するかも!?

 
(TEXT by Minoru Hirota

 
*E3 2017のレポート記事まとめはこちら

 
 
●関連リンク
CIRCLE of SAVIORS
E3 2017

LINEで送る
Pocket