エアホッケーのような打ち合いに超燃える!! VRスポーツ「Sparc」をPS VRで先行体験してきた【E3 2017】

LINEで送る
Pocket

米国ロサンゼルスにて、6月13〜15日に開催されていたゲームの祭典「E3 2017」。主要なVRゴーグルメーカーで唯一、ブースを構えていたのがPlayStation VRのソニー・インタラクティブエンタテインメントで、タイトルを数多く発表してVRゲームへの注力をアピールしていた。その中から、今回はプレス向けデモエリアで展開していたCCP GamesのVRスポーツゲーム「Sparc」の体験レポートをお届けしよう。

 

シンプル操作なのに、めちゃめちゃ楽しい!!!

筆者(広田)は、今回のE3でいくつかデモを体験したが、「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」も「CIRCLE of SAVIORS」も体を大きく動かすタイプで、「VRで運動」の可能性をひしひしと感じた。

その極め付けとも言えるのが、この2人で対戦するSparcだろう。ルールは単純で、まず長方形のバーチャル空間に2人でログイン。お互い手元に現れたボールを投げ合って相手にぶつければ1ポイント獲得となり、制限時間内にスコアの高い方が勝利になる。

 
 

こんな感じの横長空間で、青と赤が対戦している。

 

球を投げて相手にぶつけるのだ! ちなみに開発元のCCP GamesはVRシューティングゲームの「EVE:Valkyrie」や「Gunjack」で知られる企業だ。

 

 
開発者の方にプレーしていただきました。

 
ボールは天井や壁、床に反射して跳ね返るので、自分が投げるときは相手が予測しにくいところに仕向けたり、逆に相手から飛んで来た球はうまく予測して跳ね返すことが求められる。自分のボールはキャッチしてタイミングを見計らって再度投げることも可能だ。

常に飛び交う2つのボールに対応するのはなかなか忙しい! そして自分のボールの投げ方によって球速が変化するなど、ゲームを続けていくうちに投げ方が上達していくのがとても楽しい。防御面も前方向だけ気にしていると、後ろに跳ね返って来た球に当たってポイントを取られてしまうなど一筋縄ではいかない。

 

投げ方が球に反映される。

筆者の感覚では、ゲームセンターに置いてあるエアホッケーを友人とプレーする感覚に非常に近いと感じた。ルールがシンプルだからこそ、初心者でも投げて、打ち返して、相手に当たった!という楽しさがすぐに味わえる。

開発者の間では「VRの楽しさのひとつに、ものを投げてリアクションが起こること」と言われるが、まさにその投げる行為を延々繰り返すわけだ。それが楽しくないわけがない!! 操作のハードルも高くないので、負けたときには「チクチョー! もう1回!」と再チャレンジしようという気にさせてくれる。

 

こんな感じで大きく振りかぶったり。

 

相手のボールを跳ね返したりと忙しい。

 
何より体を大きく動かすので、かなりの運動になるというのも楽しくダイエットしたい向きには興味深いはず。ゲームでの対戦なのである意味e-Sportsなのに、リアルで体力を消耗するのだ。筆者もムキになって3回対戦したがかなり汗をかいてしまった。海外ではVRでダイエットに成功という話もあったし、ゲーム業界でもWii Uで減量できたという話もある。視界と聴覚を完全にジャックして、新鮮な体験を与えてくれるVRゴーグルも、このトレンドの最先端に位置していると実感した。

個人的には、ここにキャラクターを付け足していって、投げ方のタイプや必殺技などの個性が加わると、よりやり込み要素が高くなって対戦が深くなると思うのですがいかがでしょうか!? ともあれ、発売が楽しみな一本なので、ぜひこれから様々な店舗で入手できるようになりそうなPS VRをゲットして発売に備えておきましょう!!

 
(TEXT by Minoru Hirota

 
 
*E3 2017のレポート記事まとめはこちら

 
 
●関連リンク
Sparc
CCP Games
PlayStation VR
E3 2017

LINEで送る
Pocket