Unreal Engine、MacでのVR開発機能を早期公開!

LINEで送る
Pocket

Epic Gamesは6月22日、次期バージョンのUnreal Engineで搭載予定だったMacでのVR開発機能を早期公開したことを自社のブログおよびTwitterで発表した。Unreal Engine GitHubリポジトリ経由経由で提供する。

 

今後ついては、同最新OSのHigh Sierraが実装するグラフィックスAPIであるMetal2のサポートなど幅広い最適化をしつつ、9月にはUnreal Engine 4.18のバイナリツールをプレビュー版としてEpicランチャー経由で配信。10月には完全版をリリースするとしている。ちなみに最新バージョンは5月24日リリースのUnreal Engine 4.16となっている。

 

こちらはAppleがWWDC 2017で紹介したVR開発のデモンストレーション。

6月6日にはValveが、「SteamVR for macOS」のベータ版をリリース。UnityやUnreal Engin4に対応。さらに、Mozillaと協力してFirefoxでのWebVRもサポートしたことを明らかにしている。

 
 
●関連記事
「SteamVR for macOS」ベータ版本日より配信開始! macOS 10.11.6以上とVIVEで動作

 
 
●関連リンク
GitHub該当ページ(ログインが必要)
Epic Gamesの該当ブログ*開けない場合は、言語設定をEnglishにしたうえで再度アクセスをお試しください

LINEで送る
Pocket