Google、新ビデオフォーマット「VR180」発表! 普通のカメラでVR動画を作成

LINEで送る
Pocket

Googleは日本時間の6月23日、手軽に180度VR動画を作成できる新しいビデオフォーマット「VR180」を発表した。通常のカメラで動画を撮影するだけで、180度見渡せるVR動画を作成できるのが特徴。

対応デバイスはGoogle CardboardとDaydream、PlayStation VR(PS VR)で、遠近感も3D映像のように立体的に見えるとしている。さらに、クリエイターがファンと一緒に楽しめるようにと、ライブストリーミングもサポート。動画編集に関しては、近日中に「Adobe Premiere Pro」が対応することも示唆している。

 

動画の視聴イメージ(クリックで再生)。Google Cardboardに対応しているので、安価かつ手軽に動画を視聴できる。

すでにVR180で作成した動画リストも公開している。対応デバイスを所持しているなら、今すぐVR180動画を体験可能だ。

 

 
また、Googleは「使いやすいカメラを作りたい」とし、本プロジェクトに協力しているDaydreamチームはいくつかのメーカーと共にVR180用のカメラを設計。価格はコンパクトデジタルカメラと同程度で、VRコンテンツクリエイターだけでなく、個人で思い出をVRで撮影したい人にも向いており、動画やライブストリーミング動画はYouTubeに簡単にアップロードできるとのこと。

そしてLenovoやLG、YIといったメーカーから、今年の冬にも登場するとしている。このほか「VR180認証プログラム」も開始しており、VRカメラを手がけるメーカーのZ CAMが最初のパートナーになることも決定。

 

Googleが公開したVR180向けカメラのイメージ図。ステレオカメラになるようだ。

 

こちらはLenovoのプロダクトページに掲載のイメージ図。

 
●関連リンク
米Google公式ブログの該当記事
VR180

LINEで送る
Pocket