ハウステンボス、同施設の人気VRアトラクションを体験できる「SHIBUYA VR LAND」を渋谷にオープン

LINEで送る
Pocket

旅行会社H.I.S.のグループ会社であるハウステンボスは、同施設内「VRの館」などの人気VRアトラクションを東京で体験できる「SHIBUYA VR LAND」を東京・渋谷のSHIBUYA MODI B1Fに6月24日にグランドオープンする。

 

2200円で60分間遊び放題(衛生マスク込み)という料金的にもお手頃なのが特徴。本施設には5つのVRアトラクションが設置されており、ハウステンボスのVRアトラクションで人気のあるものを集めている。コンテンツは3~6か月で内容を変えていく。

本記事ではオープン時に設置されている5つのアトラクションを紹介する。

 
●BLAST×BLAST(6台)

 

右がBLAST×BLAST、左がウルトラ逆バンジー。ムービングシートに乗り込み、敵のメカ軍団を破壊していくシューティングライド。VIVEコントローラのタッチパッドで通常弾、トリガー引きっぱなしで溜めて離すと強力な溜め撃ち(2段階)が撃てる。多彩な攻撃を駆使して敵を殲滅せよ。

 

巨大な敵には溜め撃ちが有効、スピーディな展開でも動きが同期して酔いにくい。

 
●ウルトラ逆バンジー(4人×2台)

 

宇宙規模のウルトラ大ジャンプ体験を味わえる。ムービングシートはシネコンでも使用されているMX4Dを採用。オープニングから地上数百メートルの世界が広がり、大気圏突入も体験できるかも。

 
●Airtone(4台)

 

ハウステンボスでも設置中のリズムアクション「Airtone」がシブヤVRランドでも設置。ノリノリのオリジナル楽曲に合わせてVR時代の音楽ゲームを体感しよう。

 

渋谷で練習し、ハウステンボスに旅行にいったら高得点を出してドヤ顔するということも可能。

 
●VR心霊百物語~廃病院~(4台)

 

廃病院の探検映像を360度動画で視聴。ラップ音や叫び声が四方八方から聞こえ、映像内には多数の霊が出るとのこと……。

 

ドキュメンタリー収録風景での霊障をモチーフにした怪奇体験。

 
●迫りくる愛のささやき~VR恋愛シミュレーション~(4台)

 

ハウステンボスでは女性に人気のVRアトラクションで、実写のイケメンが壁ドンをしてくれる。男性向けには女子高生に壁ドンされるバージョンもある。

 

 

さらに、ハウステンボスの人気アトラクション「ショコラ伯爵の館」をフィーチャーしたバージョンも用意。

 
「SHIBUYA VR LAND」施設概要
【営業時間】11~21時(渋谷MODIの営業時間に準ずる)
【場所】渋谷MODI B1F(H.I.S.渋谷本店隣接) 東京都渋谷区神南1-21-3
【料金】2200円(税込・衛生マスク込み・現金のみ)
【体験時間】お一人様あたり60分(全5種の体験時間)
【対象年齢】8歳以上推奨(13歳未満は保護者の同意が必要、一部 13歳以上対象あり)
【規模】約30坪

 

 

受付と注意事項。VRの年齢制限はハウステンボスでの運営に準拠している。一部の2D動画のみ8歳以上となっているようだ

 
 
●関連記事
高難度曲の壮絶プレーに声優・山岡ゆりさんも「すごーい!」 VR音ゲー「Airtone」を体験してみた

 
 
●関連リンク
ハウステンボス
SHIBUYA VR LAND
ハウステンボスVRプロジェクト
ショコラ伯爵の館

LINEで送る
Pocket