YouTube、360度動画の特別講義をLAスタジオで開催 最大4万ドルの予算提供

LINEで送る
Pocket

YouTubeは8月7日(現地時間、以下同)から3ヶ月にわたり、世界各地に設置している専用スペースYouTube Spaceのうち、ロサンゼルスのYouTube Space LAにてVRクリエイターラボを開催する。

本プログラムではYouTubeが参加者に対して、VRインストラクターの指導やコンテンツ制作に必要な資金3〜4万ドルを提供。参加者はブートキャンプ後に期間中6回の集会を行いつつ、各自4本の短編もしくはシリーズの360度動画を制作していく。

募集は21日に締め切られているが、参加条件は少なくとも2つの360度動画を制作してチャンネルに公開していてかつ1万人以上のユーザー(YouTube非営利プログラムに登録されている場合は1000人)が登録しているチャンネルが対象となる。YouTubeによる企画書の厳正な審査を通ったクリエイターに対してはカメラやオーディオ機器、ステージイベントもYouTubeから提供する。

 
●スケジュール
7月1日の週…ラボ参加者への通知
8月7-9日…YouTube Space LAでブートキャンプ
8月28日…集団1
9月11日…集会2
9月25日…集会3+ビデオ1本目公開の締め切り
10月9日…集会4
10月23日…集会5
11月6日…集会6
12月11日…すべての動画の公開締切日
12月未定…パーティー

クリエイターはこのプログラムで製作された映像をYouTubeに1年間公開。以後プラットフォームの垣根を越えて展開が可能だ。果たしてどんな動画ができあがるのか、全てが完成する12月ごろの続報に期待したい。

 
 
(TEXT by ぱソんこ

 
 
●関連記事
YouTube、360度動画のヒートマップに対応 フレーム単位で視聴者の視線を分析

 
 
●関連リンク
VR Creator Lab(YouTube Space LA)
YouTube Space LA
YouTube VR Creator Lab: Call for Applications(VR Scout)

LINEで送る
Pocket