美人コンシェルジュと一緒にVRを楽しむ! ブループリント×アプレシオ、「VR pallet」を新宿で開催

LINEで送る
Pocket

ブループリントはインターネットカフェのアプレシオと共同で、VR体験イベント「VR pallet」を「アプレシオ 新宿ハイジア店」で6月30日より期間限定で開催する。

料金は5000円(フリードリンク含む)。体験時間は45分、最大5人までのプレイが可能(ヘッドセットは1台)。アンケートに答えると料金は半額となる。なお今回の体験は予約制。

VR機器の体験できる機会は増えているが、いわゆるロケーション系では大掛かりなものになりがち、ということもあり、一般家庭でプレイできるようなカジュアルなコンテンツをインターネットカフェのような気軽に立ち寄れる施設で体験できるようにしたい、というのが今回のイベントのコンセプトとなる。ブループリントではこのような体験イベントをパッケージとして各地で実施したり、あるいは常設型として運営する、といったことを考えている。

そして、この体験イベント、なんと「美人コンシェルジェ」がヘッドセット脱着のサポートをしてくれたり、プレイの応援をしてくれるのだ! というわけで本日その事前体験会が開催されたので、さっそく体験してきた。

 

今日アテンドしてくれたコンシェルジェは真野未華さん。ゲーム実況もやってるそうで、MR実況の経験もあるとか!

 

ヘッドセットの装着をお手伝いする未華さん(プレイヤーはブループリントの社員さん)。

 

ケーブルが絡まないように持ってくれる未華さん。

今回体験できるタイトルから筆者が選んだのはブループリントが研究のため開発しているVRゲーム「Magic Caster」だ。ヘッドセットとカナル式ヘッドホンをセットしてもらっていざ出陣!

 

「Magic Caster」プレイ動画

本作は敵のドラゴンをショットを撃って倒していく、魔法世界のガンシューティングゲーム。右のコントローラでショットを撃ちまくり、左のコントローラで敵弾を防ぐシールドを操作するというもの。

ゲームをスタートすると家の壁が崩れ、ドラゴンが襲い掛かってくるので敵弾を防ぎながら撃って倒していく。が、途中で未華さんが「左!左!」と叫んでいるので左を向くと壁がさらに崩れて前方180度からドラゴンが攻めてくるではないか! 応援してくれる未華さんに報いることなく敵のラッシュ攻撃で筆者はあえなくゲームオーバーに……。

大多数のVRイベントでは密閉型のヘッドホンを使用するのだが、今回はコンシェルジェの声も聴けるようにあえて外の音も聞こえるタイプのカナル型にしているとのこと。

当日は担当のコンシェルジュ(日程、時間によって異なる)の1名がアテンドを行ってくれる。VR未体験の友達を集めて予約サイトに急げ!

 
●イベント詳細
・名称:VR pallet
・場所:アプレシオ新宿ハイジア店
・期間:6月30日・7月1日・2日・7日・8日・9日
・時間:金曜日:16:00~21:00/土・日曜日:13:00~21:00(1組45分)
・料金:1組5000円(1グループ・フリードリンク付き)※アンケートに回答すると半額
・参加人数:1グループ最大5名程度(ヘッドセットは1台)

 
●体験可能タイトル
・Magic Caster
・One ManVurgeR
・Tilt Brush
・Holo Ball
・Fruit Ninja VR
・Arizona Sunshine(18歳以上対象)
・Audioshield
・THE LAB

 
●関連記事
あのワンオペ体験ゲームがパワーアップしてHTC VIVEに!ダズル「One Man VurgeR」配信開始

 
●関連リンク
ブループリント
プレスリリース
アプレシオ
アプレシオ新宿店
VR pallet
予約サイト

 

お詫びと訂正:初出の記事にて、不確実な情報が一部掲載されておりましたので一時的に該当箇所を削除しております。確認が取れ次第、再度お詫びと共に修正いたしますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。読者ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

 

お詫びと訂正(追記):初出の記事末尾にて、「今回のイベントでは未華さんを含めた5名のコンシェルジェがアテンドしてくれる」との記載がございましたが、正しくは「当日は担当のコンシェルジュ(日程、時間によって異なる)の1名がアテンドを行ってくれる」となります。こちらについて修正させていただきました。真野未華さんはプレス向け事前発表会のみのご出演となっております。読者ならびに関係者、そしてファンの皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

 

LINEで送る
Pocket