最新バージョン「Unity 2017.1」7月リリース 「Timeline&Cinemachine」で作業効率向上

LINEで送る
Pocket


ユニティ・テクノロジーズは、オランダ・アムステルダムにて開催中の「Unite Amsterdam 2017」の基調講演において、Unityの最新バージョン「Unity 2017.1」を7月にリリースすると発表した。「Timeline」と「Cinemachine」の導入により、ゲームや映像作品の制作環境をより効率的なものにする。

 
「Unity 2017.1」の主な新機能および機能の改善は以下の通り。

 
●Unity 2017.1 新機能&改善点

Timeline
マルチトラックシーケンスによって、時系列に配置された各オブジェクトやアニメーション、サウンドなどをコーディングせずに制作できるようになる。ショートフィルム「Adam」のような映像作品や、ゲームのカットシーンなど、さまざまな映像演出を利用したコンテンツ制作を強力にサポートする機能となっている。

 

Cinemachine
映像演出におけるカメラプログラミングをサポートするスマートカメラシステム。Timelineと組み合わせることで、最適なカメラワークをより自由に、より早く設定することが可能となる。

 
「Timeline&Cinemachine」によって、クリエイターが表現したい映像の動きやカメラワークをリアルタイムで確認できるようになるため、これまで以上に効率的な作業が可能となる。

 
・以下の各機能で改善
 - グラフィックス(プログレッシブライトマッパー、パーティクルシステム、iOS/Metal使用時の遅延レンダリング)
 - スクリプティング(.NET4.6/C#6 実験的な機能として)
 - チーム内のコラボレーション機能(Unity Collaborate、エディターの生産性(FBXインポート、アニメーションキーフレーム追加時のワークフロー)
 - 2D(スプライトアトラス)
 - VRプラットフォームサポート(VR Works、Daydreamの非同期ビデオ再投影)
 - ビデオプレイヤー(PS4)
 - Universal Windows Platform(UWP)
 - Live-ops Analytics(リモート設定、標準イベント)

 
また、基調講演では、ショートフィルム「Adam」に続く新しいリアルタイムレンダリングのデモ、「Project Forest」(コードネーム)を開発中であることも発表。Unityの最新のグラフィックス技術を使用して開発されているデモで、プログレッシブライトマッパーやポストプロセッシングスタック、スクリプタブルレンダーパイプラインなどを使用している。詳細は10月開催予定の「Unite Austin 2017」にて発表される予定だ。

 
基調講演の様子はYouTubeにて公開されているので、より詳しく内容を知りたい人は講演をチェックしてみてほしい。

 

 
尚、「Unity 2017.1」のリリース候補版は、Unityウェブサイトにて配信中だ。いち早く最新バージョンを触ってみたい人は、ベータ版プログラムに参加してみてはいかがだろうか。

 
●関連リンク
Unity ウェブサイト
Unity ウェブサイト ベータ版プログラム紹介ページ

LINEで送る
Pocket