マリーやほのかと一緒に遊べる! コーエーテクモ、アーケード向けVRゲーム筐体「VR Sense」に追加コンテンツ発表

LINEで送る
Pocket

コーエーテクモウェーブは今夏稼働予定のVRゲーム筐体「VR SENSE」の新作コンテンツを発表した。

「Dead or Alive Xtreme SENSE」

 

 

PlayStation VRのキラーコンテンツの一つになった「Dead or Alive Xtreme」が見るだけじゃないゲームコンテンツとして「VR SENSE」に登場。「高得点で鑑賞タイムをゲット」「近づくと女の子の香りが」「ゲームに勝つと水着がグレードアップ」など継続プレイも念頭に入れた内容になっている模様。

「超 戦国コースター」

 

 

コーエーテクモの得意分野である戦国時代とジェットコースターがまさかのドッキング!? 城下町~城内~戦場をハイスピードコースターが駆け抜ける! 「VR SENSE」の振動シートや様々な仕掛けを活かしたコースの展開も期待したい。

 

 

「VR SENSE」の筐体価格設定も320万円(税別)と発表された。カラーリングは従来色のシルバーに加え、パールブルーも発売される。「VR SENSE」は2017年2月に開発発表、同月開催されたアミューズメント施設向け展示会の「JAEPO 2017」に出展され、話題を博した。

なお、「VR SENSE」はコンテンツ東京2017内「先端コンテンツ テクノロジー展」に出展中。

 
●関連記事
コーエーテクモ「VR SENSE」をJAEPOで体感 体感シートでホラーにゾクッ! レースに興奮!

 
●関連リンク
「VR SENSE」公式サイト
コーエーテクモウェーブ公式サイト

(C) コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

LINEで送る
Pocket