【INTERVIEW】桜花一門さん「The 井戸」 ──いきなり最終形のアイデアが思い浮かんでつくった

LINEで送る
Pocket

1

HMDをかぶると、目の前に井戸のみが出現。何かと思って近づくと……という超シンプルでインパクト抜群なVRコンテンツが「The 井戸」。その面白さは日本を飛び出し、YouTubeを「The WELL Oculus」で検索すると数多くのプレイ動画が出てくるほど海外でもウケている。

 

技術的には、Oculus Riftの第2世代開発キット(DK2)で追加されたポジショントラッキングを活用して、ユーザーが近づくことでVR空間内でアクションが起こるのがポイントだ。なぜこのアイデアが浮かんだのか、作者である桜花一門さんに話をきいてみた。

 

── なぜ作ろうと?

 

桜花 思いついたとしかいいようがないですね。みんなでご飯食べていたら、急に。そのあとずっと無言でぼんやりしてました

 

── !?

 

桜花 ただ思いついた背景として、「Oculusでなにか遊ぶとき、入力装置の問題」がずっとネックとして感じていたんです。で、DK2のカメラを使って、少しの移動で遊べるもの、例えばエレベーターアクション的なものってをぼんやり考えていました。その「自分の移動がそのままゲームの移動になる」って話がぼんやり脳に残っていて、そこにステーキ肉とOculus仲間との会話がいい感じに化学反応をおこして、急に井戸の映像が脳内に現れたのです。

 

── ステーキ肉とはw

 

桜花 アイデアって、自分の場合は唐突に最終形がいきなり頭に浮かんでくるんです。それまでに色々考えていたものが脳の下の方で蓄積され、どかんと急に弾ける感じです。

 

── しかし、みんな説明しなくても、迷いなく井戸に近づいてくのがスゴい。やってる人の反応も面白いですよね。

 

桜花 半分は狙った通り、半分は予想外の反応の面白さです。

 

── 予想外?

 

桜花 「井戸があると貞子が出てくると思ったけど、違うものが来てびっくりした」とか。あとは人間って、下を見るときに目玉だけを下に向けて見ようとするんです。怖いと特に。

 

── 確かに!

 

桜花 でも井戸から何のアクションも起こらず、「あれ、出てこない?」ってフェイントがあった上での急展開。天然のフェイントなんです。このふたつは完全に予想外で面白かったです。

 

2

プロフィール Oculus Rift開発者のためのNPO法人「OcuFes」代表。スキージャンプを体感できる「VR Ski jump」、可愛い女の子に土下座して踏まれる「ドゲラス」などユニークなアプリを手がける。Oculus Riftに関係するテレビ出演なども多数。Twitterは@oukaichimon

 
 

●関連リンク
The Well DK2(Oculus VR Share)
桜花一門さん個人サイト

LINEで送る
Pocket