日本ビーテーエー、VRフライトシミュレーターチェア「VR-Chair Pro」シリーズを7月に発売

LINEで送る
Pocket


日本ビーテーエーは、7月より、VRゴーグル対応フライトシミュレーター「VR-Chair Proシリーズ」を発売する。製品ラインナップは、VRの体感を追求した「Feel」と、実機の操作感覚を追求した「Real」の2種類。

 

●VR-Chair Feel
・発売時期:7月
・価格:350万円(税抜)
・サイズ:W725mm×D1320mm×H1420mm

 
VRによる360度全方向のリアルな映像を見ながら航空機の操縦体験ができるフライトシミュレーター。最大6自由度の動きが可能で、ゲーム感覚で気軽にフライトシミュレーターを楽しめる。「Feel」は、主に空港やミュージアムといったアミューズメント向けとして開発されている。

 

●VR-Chair Real
・発売時期:7月
・価格:420万円(税抜)
・サイズ:W1250mm×D1400mm×H1300mm
※視界モニターはオプション。

 
従来の日本ビーテーエー製フライトシミュレーター「FS-Chair」をVR対応型に進化させた製品。操縦桿の操作によるソフト上の機体の姿勢データを駆動部へ送り、2軸モーションを制御するシステムが採用されている。また、動作の追従性を向上させることでVRゴーグルに広がるリアルな映像と相まってより実機に近い操縦体験が可能だ。

 
VR映像のほか、オプションの視界モニターを取り付けることによって、操縦者以外の周りの人もコックピットからの迫力ある映像が楽しめる。「Real」は、アミューズメント向けに限らず、学校などの教育機関への導入にも適したモデルとなっている。

 
 
尚、「VR-Chair Proシリーズ」は、6月30日まで東京ビッグサイトにて開催中の「コンテンツ東京 2017」内「第3回 先端コンテンツテクノロジー展」にも出展されている。興味がある人はぜひ、会場で実際の座り心地を体験してみてはいかがだろうか。

 
●コンテンツ東京 2017
・開催日時:6月28日~30日 10:00~18:00(30日のみ17:00まで)
・会場:東京ビッグサイト 東展示棟
 (東京都江東区有明3-11-1)
・入場料:無料(来場招待券をウェブで申請する必要あり)
 ※別途有料セミナーも開催予定
・主催:リード エグジビション ジャパン
・後援:
 - 映像産業振興機構
 - キャラクターブランド・ライセンス協会
 - CiP協議会
 - 全国地域映像団体協議会
 - 日本アド・コンテンツ制作協会
 - 日本映画テレビ技術協会
 - 日本グラフィックデザイナー協会
 - 日本広告制作協会
 - 日本動画協会

 
●関連リンク
日本ビーテーエー ウェブサイト
第3回 先端コンテンツ テクノロジー展 ウェブサイト

LINEで送る
Pocket