VRやMRが山盛り!「コンテンツ東京 2017」フォトレポート

LINEで送る
Pocket

6月30日まで、東京ビッグサイト東展示棟ホールにおいて「コンテンツ東京 2017」が開催され、特設コーナーとなる「VR・ARワールド」が人気を博している。特に「先端コンテンツテクノロジー展」のエリアでは多くの来場客でひしめいていた。

ここでは当展示会でのVR/MRに関する出展内容を写真で公開する。

 

南国ソフトでは外為どっとコムとの協業でHoloLens用の専用ツール「Market MR」を展示。HoloLensを被れば現実世界に為替情報が埋め込まれるという、まさにサイバートレーダーになれるソフト。

 

Market MRプロモーションビデオ

 

南国ソフトはFOVEを利用した対戦ゲーム「The Outer Foxes」を展示。視線でブラフをかけるバーチャルボードゲームだ。

 

 

VAQSO VRのデモで出展されたAOI Pro.の「VR Private Tour」の正規バージョン。トレッドミルによる移動も取り入れられている。

 

 

 

AOI Pro.と共同展示をしていたPROTOTYPEによる「未来のバイク」をVRで再現した「GOD SPEED VR」。3種類のボイス付きエージェントに変形機能まで搭載! もっとも、体験者は変形するところを見られないという欠点も……(笑)。

 

VRライドシミュレータ「SIMVR」と対応ソフトを大々的に出展していたしのびやブース。「VR-Chair Pro」ラインも展示。

 

 
「BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience」を出展していたセガグループ内のCGアニメ制作会社、マーザ・アニメーション・プラネット。

 

 

ハシラスは「CLOCK WALK」を展示。

 

「meleap」もブースを出展し、「HADO」の世界大会の開催をアピール。

 

 

コーエーテクモウェーブの「VR SENSE」も今回出展。

なお、PANORAも先端コンテンツテクノロジー展に自社ブースを構えている生VRおじさんを見にVR内イベント・小冊子の相談も受け付けているので、気軽にお立ち寄りください。

 
●関連リンク
コンテンツ東京

LINEで送る
Pocket