「サマーレッスン」「エニグマスフィア」のクリエイターがVRゲーム制作の魅力を語る! 神戸電子専門学校でセミナー開催

LINEで送る
Pocket

学校法人 コンピュータ総合学園 神戸電子専門学校は夏期の「最強業界連携セミナー」を開催し、その中の一つにバンダイナムコエンターテインメント・玉置旬氏、よむネコ・新清士氏を招いた「語り尽くします!VRが生み出す新しいゲームの魅力」を7月22日に開催することを発表した。

 

「サマーレッスン」シリーズを手がけるバンダイナムコの玉置氏。

 

よむネコ・新氏は梅田ジョイポリスでの稼働中のVRゲーム「エニグマスフィア」を開発。Tokyo VR Startupの取締役でもあり、現在のVRをクリエイティブ・ビジネスの両面から熟知している。

セミナー終了後は体験授業・進路相談も行われる。

参加申し込みは公式サイトから行う。なお高校生には同校の定める条件下で交通費補助が用意されているので、VR業界を目指す若人はこのチャンスを活かそう。なお、同校ではほかにもゲーム、アニメ、声優などのセミナーが多数予定されているので詳細は同校のホームページを参照してほしい。

 
●関連リンク
神戸電子専門学校
最強業界連携セミナー
語り尽くします!VRが生み出す新しいゲームの魅力

LINEで送る
Pocket