NARUTOやワンピースのVRに米アニメファンも感動! Anime Expo「日本キャラVR祭」 レポート

LINEで送る
Pocket

7月1~4日、米・ロサンゼルス・コンベンションセンターにて開催された「Anime Expo 2017」(AX)にて、日本のキャラクターを使ったVRコンテンツも多数出展する「日本キャラVR祭~Japan Character VR~」が開催された。PANORAでは特派員を派遣したので、現地の盛り上がりをレポートしよう。

 

AXは4日間で累計約30万人というアニメファンが北米各地から集まるという大型イベントになる。日本キャラVR祭は、その会場であるコンベンションセンターの西ホールにて大型ブースをかまえて実施していた。今回、弊誌連載でもおなじみのジャンプVRチームが率いる集英社と大日本印刷が中心となって、日本でVR開発を行う10以上の企業、団体が参加した。

 

ブースに近づくと、早くもモニターの前で、なにやらポーズを決める参加者の姿を目にした。これは、 神奈川工科大学白井研究室+Progmind Inc.が出展している「マンガジェネレータJUMP VR」だ。

モーションキャプチャー技術を使ったこのコンテンツは、プレイヤーがモニターの前でポーズをとると、集英社の「NARITO-ナルト-」や「ONE PIECE」などの漫画の一コマとして表示されるというものだ。憧れの漫画の世界の登場人物になれるとあって、プレイヤーは思い思いのポーズを決めており、プリントアウトされた1P漫画がプレゼントされると、喜びを表現していた。

 

ブースの入り口ではスタンプラリーの用紙を配布。出展しているVRを体験してスタンプを集めると、会場限定で配られているオリジナルのステッカーやジャンプVRヘッドマウントディスプレイがプレゼントされる。アニメファンにとっては、非常に嬉しい特典だ。

 

ナルトのバルーン。

 

テマリ(コンパニオン)とジャンプ美術館。

 
ブースの中に入ると、「NARITO-ナルト-」のキャラクター、テマリがジャンプの形をしたVRを持って参加者を迎えてくれた。集英社の出展VRコンテンツの一つ、「ジャンプ美術館」だ。プレイヤーはまるで雑誌を読むかのような格好をして、VR空間で大好きなジャンプ作品のイラストが鑑賞できる。

 

コスプレでの参加者も多いこのイベント。実際、「ONE PIECE」のキャラクター、ナミのコスプレを行っている女性が熱心にVRを体験していた姿は、AXならではといえるだろう。

 

このほか、ワンピースのイラストを手にとって鑑賞できる、「ワンピースキューブ」や、「ONE PIECE」「NARITO-ナルト-」「銀魂」「ハイキュー」「僕のヒーローアカデミア」のイラストをVR空間で手にとって鑑賞できる「ジャンプキューブ」、海外でも人気の高い漫画「DEATH NOTE」の「ミサ」になって死神「レム」と共に地下室が水で満たされる前に脱出を目指す「DEATH NOTE VR脱出ゲーム」を出展していた。

 

集英社ブースの反対側には、講談社が手がけるオリジナルVRアイドルプロジェクト「HopStepSing!」が展示されていた。プレイヤーがVRゴーグルを装着すると、3人組のアイドルを目の前にしてライブを鑑賞できるというもの。男性のみならず女性の参加も多く、日本のアイドル文化が海外で注目されている様子がうかがえる。

 

ライブを体験していたプレイヤーは、可愛いキャラクターに思わず頬が緩んでしまっていた。この様子に担当者も自社のコンテンツの海外での評価に大きな手応えを感じていたようだ。

 

講談社ブースの隣には、カバーが「コスプレキャスト」を出展(関連記事)。このブースも多くの人だかりができていた。理由は、プレイヤーが可愛いバーチャルアイドルになりきることができるから。一生懸命踊るプレイヤーとモニターに映っているモーションのギャップはたしかにユニーク。体を動かせる体験型のVRは、アメリカではより人気が高いのだろう。

 

「ChainMan」(桜花一門)、「メデューサと恋人」(ship of EYLN + マイクロビジョン)や、「ガンナーオブドラグーン」(サークルハイドレンジャー)も同様に多くの参加者が集まっていた。特に、「ガンナーオブドラググーン」はVRゴーグルだけではなく、送風機や乗馬型ダイエットマシーンを駆使して、プレイヤーの五感を刺激する内容で人気を博していた。

 

VRは技術面が目立つ分野だが、今回のように既存のコンテンツとコラボした新たなエンターテイメントも続々と生まれている点も見逃せない。知名度のある漫画をモチーフにしたVRコンテンツなら、国や年齢、性別に問わず受け入れられて盛況だったので、日本発のVRコンテンツが海外でも人気ができることに期待できそうだ。

 
今回の出展の中心となった集英社ジャンプVRチームによると、今後はフランス、ロンドンにても集英社VRコンテンツが出展するとのこと。今後の展開にも目が離せない!

 
(TEXT by Yoshi Sawa)

©SHUEISHA ©尾田栄一郎/集英社 ©尾田栄一郎・岸本斉史 スコット・空知英秋・古舘春一・堀越耕平・久保帯人/集英社 ©鳥山明・尾田栄一郎・岸本斉史 スコット・松井優征・堀越耕平/集英社 ©集英社・大場つぐみ・小畑健 ©講談社 ©株式会社桜花一門

 
 
●関連リンク
ジャンプVRが、「Anime Expo 2017」の「日本キャラVR祭~Japan Character VR~」に出展決定!

LINEで送る
Pocket