集団体験型VR施設「VirtuaLink」、7月24日ダイバーシティ東京にオープン コニカミノルタ

LINEで送る
Pocket

コニカミノルタプラネタリウムは、7月24日に「コニカミノルタVirtuaLink inダイバーシティ東京プラザ」をお台場にオープンする。この施設は6月26日オープンした「コニカミノルタVirtuaLink in 東京スカイツリータウン」(東京・押上)に続く「VirtuaLink」の2施設目となる(関連記事)。

 

コニカミノルタVirtuaLink(バーチャリンク)とはPlayStation VRを使い、Unityで作った360度3D映像のバーチャル空間を、複数人で共有できる集団体験型VR施設。参加者はVRヘッドセットを装着することで360度映像の中に入ったかのような感覚と、ナビゲーターの生解説を楽しむことができる。

今回体験できる上映コンテンツ「ワンダーポッド」はバーチャルの宇宙空間で、参加者全員が協力しながら地球や星空を作り上げていくという内容になっている。

またコニカミノルタVirtuaLink in ダイバーシティ東京プラザでは、36人が同時に体験できる空間を2エリア設け、合計で72席用意している。

 
●コニカミノルタVirtuaLink in ダイバーシティ東京プラザ施設概要
・施設名称:コニカミノルタVirtuaLink in ダイバーシティ東京プラザ
・住所:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ2F
・営業開始日:2017年7月24日(月)
・営業時間:10時~21時
・上映時間:ホームページ
https://planetarium.konicaminolta.jp/VirtuaLink/DiverCityTokyoPlaza/
・料金:1名様 1500円(税込)
※対象年齢は12歳以上となる。12歳未満の方の入場はお断りしている。

 
●VirtuaLink利用制限及びご注意事項
利用制限
・12才未満の方
・妊娠中の方
・心臓の弱い方、重い病気にかかっている方、ペースメーカーなどの医療機器を装着している方
・乗り物に酔いやすい方
・飲酒された方(二日酔い時など血中アルコールが高い時も含む)
・体調がすぐれない方
・その他ご利用に関して、スタッフが不適切と判断した方

注意事項
・乱視など両目に視覚障がいがある方、過去に光の刺激、乗り物の動きなどで発作、
気絶、けいれんやそれらに類する症状を経験している方は利用前に医師の診断が必
要となる。
・メガネをかけたままでもVRゴーグルを装着することは可能だが、メガネの形状や
大きさによっては装着出来ない場合があるので、コンタクトレンズでのご利用をお
勧めしている。
・メガネの破損に関しては、責任を負いかねるので、装着には十分にご注意をすること。
・遠近両用メガネ(コンタクトレンズ含む)では、快適にご視聴できない場合がある。

 
●お問合せ先
ホームページ:https://planetarium.konicaminolta.jp/VirtuaLink/DiverCityTokyoPlaza/
問い合わせメールアドレス:virtualink-daiba-support@pub.konicaminolta.jp
インフォメーションTel:03-6380-7200(受付10:00~19:00)
※電話での受付は2017年7月24日(月)より開始する。それまではメールで問い合わせが可能。

 

「進撃の巨人 IN THE DOME -兵士たちの星空-」 PV

また東京スカイツリータウンのコニカミノルタプラネタリウム「天空」では10月1日まで、池袋サンシャインシティの同「満天」では10月29日まで、「進撃の巨人」の映像を上映中。

内容としてはプラネタリウムで使う360度のドームスクリーンに「超大型巨人」を映し出したり、こだわりのサラウンド音響で作中の有名なシーンを再現するというもの。

 

さらに進撃の巨人のグッズ販売や、「進撃の巨人 IN THE DOME -兵士たちの星空-」を平日に鑑賞した人が参加できるリアル謎解きゲームも開催している。

「天空」と「VirtuaLink」の両施設を備える東京スカイツリータウンであれば、VR体験と進撃の巨人のプラネタリウム上映を両方楽しめる。

 
(TEXT by まぶかはっと

 
●関連リンク
VirtuaLink
進撃の巨人 イベント紹介ページ

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

LINEで送る
Pocket