英会話のイーオン、VR英会話学習アプリ「英語でおもてなしガイド」を提供 東京五輪の英語ボランティア需要狙う

LINEで送る
Pocket

英会話教室を運営するイーオンは同社初となるVR対応英会話学習アプリ「英語でおもてなしガイド(VR対応)」を開発、7月18日より配信を開始する。ダウンロード・Chapter 1の体験は無料で、Chapter 2以降は月額サブスクリプション制で、月額980円(税込)。

なお7月・8月は特別価格600円(税込)となる。VRモードは別途スマートフォン向けのVRゴーグルが必要となる。対応OSはiOS 9/Android 4.2.2以上。

2020年開催予定の東京オリンピックを控え、需要の高まる英語ボランティアの学習をにらんだもので、イーオンの「Learning(学習) and Acquistion(体験)学習メソッド」に沿った国内観光ガイドの実践的な英語力を養える内容となっている。

 

 

イーオンでもボランティア通訳の教室が開設され、人気を博している。

事前学習パート(VR非対応)でクイズ形式で話題に上りそうな語彙や言い回し、リスニングを事前学習。会話学習パートでは、登場する人物と会話形式で実践的に学習を行う。

 

レッスンの流れ

「Conversation」モードでメインとなるシナリオを覚え、「Exercise」モードで英文内の単語や表現を変えながら会話の応用力を養う。そして「Practice」モードではプレイヤーがガイドに扮した場合、自分で会話の選択肢を選んで話をつなげる、という要素も加わる。なお、自分が外国人観光客に扮することもでき、この場合は選択肢がランダムで選ばれて会話が進む。

 

基本的には対応する会話が自動選択され、それを発音する形だ。右側のログを選択すれば再チェック・リトライも可能

会話学習パートではVRゴーグルに対応し、実際に外国人観光客と会話をしている体で学習を行うこともできる。VRモードでは視点選択で学習を進めていく。

 

モード選択画面で上のゴーグルボタンを押すとVRモードに移行できる

 

VRモードではプレイヤーの視線もチェックされる!? ちゃんと目を見て話そう(といっても例題はもちっと下に表示されてるので……)

全8チャプター構成で、現在は2チャプターが配信されている。残りのチャプターは9月以降毎月配信が予定されている。

 

結果画面。発音については発音時間のみをチェックしており、発音の質はチェックされない。今後は発音チェックなど、イーオンの教室を絡めた展開も考えていくとのこと。

 

記者会見にはイーオン代表取締役社長の三宅義和氏、開発を担当したポケット・クエリーズ代表取締役の佐々木宣彦氏、ゲーミフィケーションの観点からメソッドの監修を行ったを東京大学 大学総合教育研究センター 特任講師の藤本徹氏、イーオン 語学教育研究所 システム開発部部長の脇俊明氏が登壇。

 

ゲーミフィケーションの国際会議でもVR関連テーマのセッションが急増し、8月にはVR専門のイベントも開催される

 

 

VR学習の効果は比較的高い模様。開発段階のテストでも評判は良かった模様だ。

 

イーオン、ポケット・クエリーズ、東大での産学連携プロジェクト。学習向けVRの開発と導入が加速しそうだ。

 
●関連リンク
イーオン
プレスリリース
ポケット・クエリーズ

LINEで送る
Pocket