渋谷上空を円盤で舞いボールを叩き込め! 近未来VRスポーツ「WARP BALL」体験レポート

LINEで送る
Pocket

テレビ朝日は、六本木にある本社周辺で音楽ライブや人気番組関連の飲食ブース、最新技術を駆使した番組アトラクションなど様々なエンターテインメントを展開するイベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」を8月27日まで実施中。

このたび、同イベントに出展しているソフトバンク制作の近未来VRスポーツ「WARP BALL(ワープボール)」の体験機会に恵まれたのでレポートしたい。

 

WARP BALL 体験動画

 

 

WARP BALLは野球、テニス、ドッジボール、サッカーを足したようなVRスポーツコンテンツ。HTC VIVEに加え、同トラッカーを装着したグローブとバットを使用し、VR空間内で渋谷上空に浮かぶスタジアムを舞台にボール打ち合い、1対1で戦うというもの。

相手の背面にあるスクリーンにボールを入れると1点になり、5点先取すると勝利となる。ちなみに試合時間は3分間となっており制限時間を過ぎてしまうと得点が高いほうが勝者になり、同点であれば引き分けとなる。なお、映像ではボールをキャッチするシーンがあるが、今回の体験イベントでは実装していない。

WARP BALLは、空飛ぶ円盤に乗ってVR空間上を自由に動き回るというのも特徴だ。

 

 

実際の体験者の足下も、こような円盤状になっており、体重を傾けた方向に土台が傾く。その傾きをセンサーが読み取りって移動するという仕組みになっている。

今回筆者はPANORA代表 広田と対戦。実際に体験してみると思ったよりも移動が難しくフワフワとした感覚があり、なんだかUFOに立ち乗りしているようで楽しい。ボールを打ち返したときには野球のように「カキーン!」と音が鳴るので、爽快感もある。

試合中はスタッフが実況で場を盛り上げてくれるので、ついついプレーに熱が入る。勝負は拮抗したものの、結果的に筆者は広田に敗北。そして敗者には渋谷の上空から高速で落下するという罰ゲームが待っていた。

 

 

試合が始まる直前に撮った顔写真とゲームの世界感を表現した映像を自動で合成してくれるサービスもある。試合を終えるとQRコードが記載されたシートがもらえるので、動画を入手するには、このQRコードをスマホで読み取るか、記載のURLを入力。開いたページにメールアドレスを入力すると、動画が添付されたメールが送られてくる。

その動画を「#ワープボール」と「#ソフトバンク」の両方のハッシュタグを付けてSNSに投稿し、投稿した画面をスタッフに見せると、ソフトバンクの白い犬ことお父さんと不二家ミルキーのコラボ菓子「お父さんミルキー」がもらえる。

このゲームの開発を担当した、最先端デジタルコンテンツの開発やデジタル領域のマーケティングを行う企業アタリ(港区青山)のプロデューサーである四宮隆行氏によれば、戦術の多様性など様々な工夫で何度でも遊んでもらえるようなゲームを作りたかったのが開発のきっかけだという。

 

ブース中央にあるパブリックビューイング。

また当初の予定よりコンテンツの体験時間が長くなってしまったため、並んでいる人も一緒に楽しめるようステージ中央に試合映像のパブリックビューイングを用意するなどの工夫もした。

開発で苦労した点は、3Dのモデリングの制作。最初は街の3Dアセットを購入したものの、トータルで2億ポリゴンと言うデータは処理の負荷が高くなりすぎるためVRには使えず、軽量化するためにWARP BALLの舞台である渋谷の街並みを再現した3Dオブジェクトやインターフェースは全てゼロから作成しているとのこと。

今後については、様々な場所で展開したいと考えているが、システムなどに問題が発生したときに対応できるスタッフが必要になるなど運用上の問題があるため、今のところ他の場所で体験会などを行う予定は無い。そのため、「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」はWARP BALLを遊べる貴重なイベント。

 

同コンテンツのもうひとつの目玉は、抽選でAKBのアイドル4人の中から1人とこのゲームで対戦ができるというキャンペーンだ。参加するアイドルは渡辺麻友さん、横山由依さん、川本紗矢さん、高橋朱里さんで、アイドル1人につき5人の当選者が対戦できる。

応募方法はTwitterのWARP BALL公式アカウントをフォローして該当のツイートをリツイートするだけ。応募期限は7月23日(日)午後11時59分までとなっているので、推しのアイドルがいる人は是非フォロー&リツイートしよう。

 

 

もちろん「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭りSUMMER STATION」にはWARP BALL以外にも、「仮面ライダーエグゼイド」や「世界ラリー 体感アトラクション 疾走&大ジャンプ! ラリーカーVRブース」などのARやVRが体験できるブースもあるので、AR/VRの世界をたっぷり堪能できる。

 
●テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATIONイベント概要
イベントタイトル:テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION

開催期間:2017年7月15日(土)〜8月27日(日)計44日間
イベント内容や、演目によって日程が異なる。
8月25日(金)〜27日(日)六本木ヒルズアリーナは「六本木ヒルズ盆踊り」となる。

開催時間:10:00〜19:00
イベント内容や、演目によって時間が異なる。

開催場所:「テレビ朝日本社(アトリウム1F/アトリウム 2F/7F屋上テラス&社員食堂/ テレビ朝日本社正面)」、「六本木ヒルズアリーナ」、「毛利庭園」、「大屋根プラザ」、「66プラザ」、「EXシアター(EXシアター六本木・EXタワー17F)」等々その他多数エリア

料金:
サマパス* 大人料金(中学生以上)2000円(税込) ※前売・当日共に
サマパス 小人料金(4歳〜小学生)1000円(税込) ※前売・当日共に
一部入場無料エリアもある。
*全エリアに入場できる1Dayパスポート

主催:テレビ朝日

特別協力:森ビル

特別協賛:三ツ矢サイダー、Merries、KIRIN、串カツ田中、CocaCola、KONAMI、SUNTORY、Shachihata、シュクレイ、SUBARU、千寿製薬、創味食品、SoftBank、TOYOTA TGR、タマホーム、NISSAN、日清オイリオ、BANDAI、FANCL、PREMIUM WATER、ホクレンMILK LAND、ほけんの窓、マイナビ、みずほ銀行宝くじ「サマージャンボ」

協賛:朝日新聞、エースコック、江戸一すたみな太郎、FTG、オリエンタルバイオ、アナザーエデン 時給を超える猫、牛乳石鹸、Cygames、ソニー・ピクチャーズ、JRA、東和ピクチャーズ_トランスフォーマー、ドミノ・ピザ、ニッコクトラスト、BEN & JERRY’S、yogibo、代々木アニメーション学院

お問い合わせ先:
夏祭り電話インフォメーション
0570−055−543(受付時間:10時~19時)

 
(TEXT by まぶかはっと

 
●関連リンク
WARP BALL特設サイト
WARP BALL Twitter
ソフトバンク ウェブサイト

LINEで送る
Pocket