【連載】神足裕司 車椅子からのVRコラム

LINEで送る
Pocket

2011年にクモ膜下出血発症。1年の入院生活を送る。半身マヒと高次脳機能障害が残り、要介護5となったが退院後、執筆活動を再開。その氏が紡ぐ、独特な視点でのVRコラム。

【著者紹介】
神足裕司(こうたりゆうじ)
1957年、広島県出身。黒縁メガネ・蝶ネクタイがトレードマークのコラムニスト。「金魂巻(キンコンカン)」をはじめ、西原理恵子との共著「恨ミシュラン」などベストセラー多数。朝日新聞をはじめ連載も多い。最新刊は「一度、死んでみましたが」、「父と息子の大闘病記」などがある。

 

神足裕司 車椅子からのVRコラム 連載一覧

 

神足裕司 車椅子からのVRコラム「VR PARK TOKYO その1」(2017/7/20)

 

神足裕司 車椅子からのVRコラム 「ついにVRでアダルトだ」(2017/7/5)

 

神足裕司 車椅子からのVRコラム 「VRパラダイス」(2017/6/21)

 

神足裕司 車椅子からのVRコラム 「文子の旅」(2017/6/7)

 

神足裕司 車椅子からのVRコラム 「病院のベッドでも空が飛べる!」(2017/5/24)

 
●関連リンク
朝日新聞デジタル 連載 コータリンは要介護5
神足裕司Twitter

LINEで送る
Pocket