CEDEC 2017基調講演 SAO作者の川原礫氏やバンナム原田/二見氏、Pokémon GOのNianticの登壇決定

LINEで送る
Pocket

コンピュータエンターテインメント協会ならびにCEDEC運営委員会は7月20日、開発者向けイベント「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2017(CEDEC 2017)」の基調講演テーマおよび登壇者を発表した。

CEDEC 2017のテーマは「Breakthrough to Excellence!」で、会期は8月30日〜9月1日。横浜市のパシフィコ横浜を会場に実施する。

会期初日となる8月30日の基調講演タイトルは、 「ソードアート・オンラインという世界(仮)」。アニメ化も大ヒットした「ソードアート・オンライン」作者の川原礫氏、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、同社 二見鷹介氏の3名が登壇。オンライン小説からゲーム、テレビアニメ、映画などへのメディアミックス展開、さらにVRやAIなど最新技術が新たなMMORPGの世界観を実現する可能性に触れる。

 

左から川原礫氏、原田勝弘氏、二見鷹介氏。

会期最終日の9月1日は、「”GO OUTSIDE! Adventures on foot”」と題して「Pokémon GO」プロジェクトの立ち上げと開発を手掛けたNiantic, Inc.の川島優志氏、野村達雄氏が登壇。「自分の足で歩いて冒険する」というミッションの新規性、受け入れられた理由などを「Ingress」や「PokémonGO」の事例、データ、歴史や舞台裏に触れながら紹介する。また、海外を活動の舞台とした自らの働き方に関する話題もある。

 

左から川島優志氏、野村達雄氏。

CEDEC 2017のセッション数は本日20日時点で、レギュラーセッションや招待セッションなどを合わせて合計約180セッション。最終的にはスポンサーセッションなどを合計して昨年同様200セッションを超える見込みだという。

なお、3日間有効かつ、すべてのセッションとイベントに参加可能かつ、セッションタイムシフト配信の視聴(8/31-9/8)も可能なレギュラーパスが5400円の割引きとなる早期割引受付期間は7月31日までとなっている。

 
●関連リンク
CEDEC 2017

LINEで送る
Pocket