東洋ビジネスエンジニアリング、VR学習システム「MOTION VR-learning」を発表

LINEで送る
Pocket


東洋ビジネスエンジニアリングは、7月25日より、視線追跡機能付きゴーグルと360度全方位カメラを使ったVR学習システム「mcframe MOTION VR-learning」を提供開始すると発表した。熟練技術者のノウハウを共有するといった目的でVR技術が利用される事例が増えてきているが、教材作りに手間がかかる、学習成果を把握しにくいなどの課題を解決する。

 
「MOTION VR-learning」は、設備の稼働状況や計器のチェックといった固定ポイントでの確認作業を学習するためのシステムだ。VR空間の教材は、元となる情報を作成するための360度カメラと、VR空間を映し出すためのゴーグルを使うことで、ユーザー自身が簡単に作成できる。

 
利用者は、熟練技術者のノウハウが詰め込まれた教材を再生、演習、確認しながら学習が進められる。一方で教育担当者は、利用者の視線の動きをの順番や所要時間などの情報のもと、熟練技術者の手本と比較して学習成果を評価することが可能だ。

 
視線の動きを「見える化」できるので、必要な個所を正しく見る作業の学習で利用できる。また、熟練技術者の視線を「見える化」し、視線を形式知化することで技術伝承に使うことがも可能だ。下記のような学習が困難なシーン再現で活用などを想定している。

 
・工場、発電所、建設現場での点検作業
・航空機、鉄道での安全確認
・医療、災害救助での適切な判断

 
●教材の作成手順
学習場面を決め、360度カメラで撮影して仮想空間を作成
学習すべき確認作業場所を360度カメラで撮影するだけで、教材で使用するVR空間に必要な準備作業は完了。システムが撮影した静止画像から仮想空間を自動生成する。

 
ゴーグルに投影された画面を見ながら視線を動かし、確認作業のお手本情報を記録
作成されたVR空間の中で、ゴーグルを装着した熟練技術者が実作業と同じ動作を行いながら、確認ポイントを設定する。

 
必要な指導コメントを登録
必要に応じて、各ポイントでの確認方法、注意点、確認手順などに関する指導コメントをテキスト情報で追加して、教材の作成は完了。

 
●学習を進める手順
作成した教材で学習場面毎に学習
利用者は、熟練技術者の視線の動きをPC画面上で学ぶことになる。

 
自分で演習や確認テストを実施
ゴーグルを装着し、VR空間で複数のポイントをたどりながら学んだ視線の動きを実践して復習する。指導コメントを隠した演習によって、習得状況をテストすることもできる。

 
視線追跡して学習成果を評価
利用者が演習したときに記録された確認作業の順番、所要時間などのデータをもとに、学習成果が評価される。

 
3次元モデルを作成することなく、誰でも簡単に短時間でVR空間上に学習場面が作成できることから、今後さまざまなシーンでの活用に期待を寄せている。

 
●mcframe MOTION VR-learning
・提供開始日:7月25日
・価格:100万円(税抜)/1インストール
 ※PC、VRゴーグルは含まれない。
 ※教材の作成には、本システムがインストールされたPC、VRゴーグル、360度カメラが必要。
 ※学習時には、本システムがインストールされたPC、VRゴーグルが必要。

 
●関連リンク
mcframe MOTION VR-learning 詳細(pdf)

LINEで送る
Pocket